FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

透明露出プレイ その7 1

 夜の公園を、響子ちゃんの手を引いて歩く。
 響子ちゃんはしきりに周囲を見回していた。いつもは凜とした表情を決して崩さない彼女が、まるでいまにも泣きそうな子供のような、心細そうな表情で歩いている。
「め、夢衣奈さん……っ」
 必死に私の名前を呼ぶ声も、震えていていまにも崩れそうなほど危うい。
 私はそんな響子ちゃんを励ますつもりで、握ったその手に力を込めた。
「大丈夫よ、響子ちゃん。私がついてるわ」
 大人として……いえ、この道の先輩として、余裕を見せてあげないといけない。
 本当は私だって震えたい。もしいま誰かに見つかったら、それは私だけじゃなくて響子ちゃんの身の破滅をも意味しているからだ。
 いざとなれば自分が囮になってでも、彼女だけは逃がさなければならない。
 人の人生を背負っている状況がこんなに恐ろしいものだとは思わなかった。
 けれど、同時に。
 恐れ以上に、私の心は喜びに満ちていた。

 なぜなら――響子ちゃんと一緒に露出プレイをすることができているのだから。

 ずっとこっそり見ていた響子ちゃんの見事な裸体が、夜の明かりに照らされて輝いている。見られることを意識してずっと磨いてきた私の身体なんかより、よっぽど響子ちゃんの素のままの身体の方が綺麗なのだから、若いというのはずるい。
 妬ましい思いもあるけど、それ以上にそんな彼女と一緒に露出プレイが出来ているという喜びはより強いものだった。
 響子ちゃんは私と繋いだ手とは逆の手で、必死に身体を隠そうとしている。それがまたなんとも初々しい恥じらいを感じさせて、彼女をとても魅力的に魅せていた。考え方は様々だけど、私はやっぱり露出の醍醐味はこういう恥じらいだと思う。
「ふふ……ほら、そんなに背中を丸めないで。響子ちゃん、とても綺麗よ」
 だからそう囁いて彼女の羞恥心を煽るのを怠らない。
 耳まで真っ赤にして震える彼女は、本当に綺麗で可愛かった。
「ほら、あっちの広場の方にいってみましょ」
 私たちがいま歩いているのは、公園の中でも茂みの覆い場所だ。視界は開けていないため、遠くからは見られない安全地帯だった。
 けれど、私は響子ちゃんの手を引いて連れていこうとしているのは、遠くからでもよく見える開けたところ。いつどこから見られるかわからない危険な場所だった。
「……っ!」
 それを理解してか、響子ちゃんが激しく首を横に振る。
 無理だと言いたいのだろうけど、言葉が出てこないみたいだ。
 私はそんな響子ちゃんを落ち着けるために、その身体を引き寄せて、彼女の身体を抱きしめた。
 お互い何も身に付けていない全裸同士。肌と肌が触れて、熱い体温が感じられた。
 大きく高鳴っている鼓動がお互いに伝わる。
「大丈夫、私がいるから……いきましょう?」
 先輩として、私が彼女をリードしなければならない。
 響子ちゃんは真っ赤に染まった顔で、いまにも涙が零れそうな目をしながらも、私を信じてか、手を強く握ってくれた。覚悟は出来たみたい。
 私はそんな響子ちゃんが愛しく思えて、その頬にそっとキスをする。恥ずかしいのとは別の意味で、彼女の顔は赤く染まった。
 いたずらが成功した気分で響子ちゃんに向けて笑いかけ、私は彼女の手を引いて公園の広場に向けて歩みを進める。

 まだ私たちの露出プレイは始まったばかりだ――



「――ってやりたいのよ!」
 ドン、と思ったより勢いよくジョッキが机を叩いた。
 酔っている自覚はあったけど、いまはそれを気にしている余裕はない。ジョッキの中に残っていたビールを喉に流し込む。
 そんな私の前で、エミリは苦笑いを浮かべている。
「夢衣奈……気持ちはわかるけど、飲み過ぎよ?」
 電話騒動があってから、私は響子ちゃんを露出ッ子に落とす計画を全く進められないでいた。無論、さっきの妄想みたいなことはあり得ない。
 下手に動いて響子ちゃんに嫌われては元も子もない。
 だから最近は自分一人での露出プレイも控えていて、それもまたストレスの溜まる原因だった。
「順調だったのに~……なんであのタイミングで電話してくるのよエミリのばかぁ」
 つまりこれは愚痴を吐き出す会であり、エミリに対する八つ当たりだった。
 あの時間にエミリが電話をかけてきたのは偶然だし、そもそも私が響子ちゃんの家に携帯を忘れるという大ポカをやらかさなければ良かっただけの話だ。
 だから本当は付き合う必要もないのだけど、エミリは律儀に私の愚痴に付き合ってくれている。得がたい露出友達だった。
 わざわざ予定を作って会わなければならないほど遠くに住んでいなければ、確実に私はエミリと一緒に日々露出プレイに興じていただろう。
 世の中、ままならないものである。
「まあまあ……そのお詫びに今日は私が支援に徹するから。存分に楽しんでちょうだい」
 エミリはそう笑いかけてくれる。私は酔いの回った頭ながらも、その言葉に興奮を呼び起こされた。
 今日はこれからエミリの支援の元、久しぶりの露出プレイに興じる予定なのだから。

つづく
[ 2018/06/27 22:54 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その7 2

 エミリに協力してもらって露出プレイをするにあたって、私が激しく興奮している理由には、露出プレイが久しぶりだということの他に、もうひとつ理由があった。
 それは、エミリが一緒だということは、透明化の能力を使えないということだ。
 実はエミリには私が持つ透明化能力のことは話していない。
 エミリを信用していないというわけではもちろんない。
 毎回露出プレイを一緒にするならともかく、たまにしか合わないエミリにそのことを話すのは、デメリットしか生まないと思ったからだ。
 私はいまだに自分以外の能力者に出会ったことはないけど、もしかしたら他にも能力者はいるかもしれない。エミリの立場からすれば、『自分の傍にもそんな能力者がいるかもしれない』と思い悩むだけだろう。
 仮にそんな人がいたとして、私みたいにある意味無害なことに能力を使っているとは限らない。もしかするともっと悪いことに使っている人がいるかもしれない。
 私という実例を知ってしまえば、そんな『かもしれない』危険に怯えなければならなくなる。
 だから私はエミリに限らず、出来る限り人に透明化の能力を教えることはしないでおこうと決めていた。
 響子ちゃんについては……うん、まずは彼女を露出っ子の道に引きずり込んでから考えようと思う。
 ともかく、そんなわけで私はエミリに透明化の能力のことをいうつもりはなく、それはいままでやってきたような、透明化能力に頼った露出プレイはできないということだった。
 透明化能力を使って、普通なら絶対にできないようなところで行う露出プレイもいいけど、エミリと一緒に行う露出プレイは別種の興奮があって好きだった。


 エミリと一緒に店を出て、しばらく街中を歩く。
 そうして歩いている間、夜風に当たっていたらお酒はだいぶ抜けていた。
 それでもお酒の影響が気になるのか、エミリはしきりに私の足元を気にしている。
「夢衣奈、大丈夫? あんまり酔っ払ってたらフォローしきれなくなるから中止よ?」
 安全を考えれば、酔っぱらっている人間の面倒を見たくないというのがエミリの本音だろう。それは私も同意見なので仕方ないと思う。
 酔ったふりして……というのは露出プレイの王道ではあると思うけど、本当に酔っぱらって脱ぐのはプレイではなく、単に自制が効いていないだけだ。
「大丈夫。目的の場所まではもう少し歩くんでしょ? それなら歩いている間に抜けると思うわ」
「無理はしないでね。ただでさえ危ないプレイなんだから……」
 解放感に伴う、『誰かに見つかってしまうかもしれない』というそのスリルがたまらないのだけど、本当にみつかって騒動になってしまうのは困る。
 エミリがいるから助けの手はあるとはいえ、それでもトラブルを巻き起こしてしまうことは本意ではなかった。
 冷静に深呼吸を繰り返しながら酒気を抜き、身体は興奮していても頭はクリアに務める。
 そう努力している間に、とうとう目的の場所へと着いた。

つづく
[ 2018/06/28 23:37 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その7 3

 着いた場所、そこは大きな通りだった。
 国道というわけではないみたいだけど、片側だけで四車線くらいある大きな道で、交通量もかなり多そうだ。とても露出プレイに向いている環境とは思えなかったけど、エミリはここが目的地だという。
「ここね、下を歩こうとするとものすごく待たされるから、地元の人はほとんど通らないの。もう少し向こうに行ったらもっと整備された地下道があって、大抵の人はそっちに行っちゃうわ」
 エミリの言うとおり、信号を待っている人はいない。夜中というのもあると思うけど、歩いている人は全然見当たらなかった。
「も、もしかしてここを渡れって……?」
 心臓が跳ねる。そんなことをしたら、信号待ちの車から確実に見られてしまう。
 辺りにすぐ停まれそうな場所はないから、襲われる心配はないかもしれないけど、見せることが前提というのは少しためらわれた。
 するとエミリはそれを見越していたかのように、にっこりと微笑む。
「もちろん違うわ。そうしたいというなら止めないけど……夢衣奈はそういうタイプじゃないわよね」
 私ならそうするところだけど、とエミリは言う。エミリは見られることも楽しむタイプの露出っ子だからだろう。
 彼女が私の性質をわかっていることに安堵しつつも、ではこの場所に連れてきた意味を考えてしまう。まさか自分にとっての露出プレイスポットを自慢したかったということではないだろうし。
 不思議そうにしているのが伝わったのか、エミリが人差し指をすっと上に向ける。
 思わずその先を追いかけて――私は理解した。
「ふふふ……わかってくれたみたいね」
「歩道橋……!」
 そこには、大きな歩道橋がかかっていた。恐らくこの信号が長いことは承知の上で、その対策のためにかけられたものなのだろう。
 ただ、歩道橋というのはよほどそれが便利でない限り、階段の上り下りが発生してしまい、あまり利用されることがなくなってしまうものだ。ここの歩道橋は大きさこそかなりのものがあったけど、その利便性の悪さや、地下道の存在があるので、全く利用されていないようだった。
「せめてエレベーターとか、スロープがついていたならもう少し使われていたと思うんだけど、階段しかないのよねぇ……」
 けれど、その不便さが私たち露出っ子にとって最高のシチュエーションを生み出す。
「ちなみに手すりを見てもらえばわかると思うけど、下を通る自動車からは顔くらいしか見えないわ。安心して存分に開放感を味わえるわよ。そもそも暗いから見づらいし」
 幅が広い上に手すりがきちんと作られているため、真ん中を通ればほとんど顔くらいしか見えないのだという。
 周りに高いビルもなく、その開放感はいかほどのものになるだろうか。
 私はせっかく苦労して落ち着けた気持ちが、さらに激しく燃え上がるのを感じた。
「ただ、大きなデメリットもあるわ。ほとんどないとは思うけど、貴女が渡っている時に人が来る可能性は否定できない。そして歩道橋が大きいがゆえに、一度渡り始めた後、途中で人が来たら逃げ隠れることはほぼ出来ないと思っておいて」
 前から来るにせよ、後ろから来るにせよ、見られることは避けがたいだろう、とエミリは断じる。それは正直怖いけど、それくらいのリスクは負って然るべきだろう。
 私とエミリは、まず歩道橋の階段の中腹まで上がった。踊り場になっているそこはちょうどこちら側の車線からも、向こう側の車線からも死角になる。
 透明化の能力があるとはいえ、私も露出っ子のひとり。その意味合いがどういうものなのか、エミリに言われずとも理解する。
 興奮に乗っかるようにして、私は素早くその場で服を脱ぎ始めた。エミリが周りの警戒をしてくれているから、少しは安心して脱ぐことが出来る。
 ここで裸になって、私は歩道橋を使って向こう側まで渡るのだ。

つづく
[ 2018/06/29 20:00 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ7 おわり

 野外で全裸になるのは久しぶりだった。
 道路を高速で行き交う車に煽られた風が、私の身体を撫でて行く。思わずぶるりと身体が震えた。心臓の音が激しくなり、呼吸が自然と荒くなる。服を脱ぐときにすでにわかっていたけど、乳首が想像以上に敏感に風の動きを捉えていた。
 誰も触れてないのに、空気が過ぎ去るだけで触れられているような感覚になる。
「……さすが、夢衣奈も身体を磨いてるわね」
 エミリがそう褒めてくれる。じっと見つめる彼女の視線は嫌味がなく、ただ同好の士としての賞賛が籠もっていた。
 それをいうなら、エミリの方こそ見事な身体をしているのだけど……今日は素直にその賞賛を受けておくことにした。
「ふふ、ありがとう。露出っ子たるもの、身体のメンテナンスは欠かしてないからね」
 見られることを目的としていなくても、醜い身体を晒してよしとするのは違うと私は思う。どうせなら綺麗な身体で露出したいというのは誰でも思うことだろう。
 サンダルだけの姿になった私は、脱いだ服や鞄を紙袋に入れてエミリに渡す。エミリはそれを丁寧に胸に抱えた。
「それじゃあ、楽しんで来てね」
 エミリはにこやかにそう告げると、私から離れて歩道橋を降りていく。
 もしエミリがそのまま私の荷物を持ってどこかに去って行ってしまったら、私は全裸でほとんど見知らぬ土地に放り出されることになるのだけど、不安はない。それくらいの信頼は築いている。
(そういえば、全裸で見知らぬ町に置き去り……みたいなプレイもあったわね)
 私はとても真似できないけど、AVにはそういう露出プレイもあった。
 大半はやらせというか、台本あってのものだと思うけど。あれも絶望的ですごいプレイだと思う。
(……私なら透明化能力を使って、ほんとに出来るかもだけど――)
 一瞬浮かんだ危ない考えを頭を振って打ち消す。
 いまは目の前のプレイに集中しないと。
 私は意を決して、改めて歩道橋をあがろうとした。その際、思った以上に脚が震えていて、危うく一段目から踏み外すところだった。
(うわ……っ、なにこれ……ヤバいじゃない……)
 私は自分の胸に手を当てる。柔らかな乳房の感触の奥で、心臓が激しく高鳴っていた。
 久しぶりの露出プレイ。それも、能力も使わないプレイということで、思った以上に緊張していると知った。
 笑う膝を叱咤して、転ばないように手すりを持って上に上がる。
 かつん、かつんとサンダルの踵が歩道橋を打つ音が響いていた。
 階段をあがっていく途中では道を走る車に見られてしまう。方向的には私の背後から前方に向けて過ぎ去っていくのだけど、明らかに通り過ぎてから減速している車が何台かいた。
 気づかれた、のかもしれない。
 私は人に見られたかもしれないと思うと、頬の熱がさらに高まるのを感じた。急いで、歩道橋の階段を上がりきる。
 歩道橋の上まであがると、視線は手すりによって遮られ、走り去っていく車から見られることはなくなる。
 私は一息吐き、歩道橋の上をゆっくりと歩き始めた。何も遮るものもなく、頭上には夜空が広がっている。強い風が吹くと、熱を冷ますと同時に、表面を撫でられているような感覚が残った。
 開放感がすごい。興奮のあまりふらつく脚に力を込めながら歩く。
「はぁっ……はぁっ……はぁっ……」
 私はあえて手を後ろで組み、胸を張っておっぱいを強調しながら、背中を丸めないようにして歩いていた。歩く度に揺れる胸がじんわりと甘い快感を生み出してくれる。
 じんわりとあそこが濡れているのを感じる。
 後ろに回していた手を、お尻に這わせ、そして股の間を弄る。あそこに触れそうで触れらない絶妙な刺激がもどかしく、私の快感を高める一助を担ってくれた。
 なんとか触れられないかと精一杯肩を後ろに回し、指先を秘部に向かって伸ばす。そうすると自然と私は身体を限界近く逸らすことになり、胸を前に突き出すような格好になってしまった。
 そこに強い風が当たり、思わず甘い声が出てしまう。
(ああ……やっぱり気持ちいい……快感……っ)
 股間をまさぐる指先に、はっきりとした湿り気を感じる。どういしょうもない変態の自覚を持ちつつ、私は歩道橋を渡りきった。歩きながら数回ほどイったと思う。
 階段を降りる際、あまりに快感が強すぎて一歩一歩慎重に降りなければならなかった。
 本当はオナニーしながら降りたかったのだけど、あまりに脚がふらつくので手すりを持たざるを得なかった。
 降りるのに精一杯だった。というのは言い訳だろうか。
 気づいた時、私は歩道橋の下まで降りてしまっていた。気づいた時にはもう遅い。
「あっ――」
 私は目の前の道路を行き交う車の運転手がこちらを見て、ぎょっと目を見開くのをはっきりと認識した。確実に見られていた。
 エミリはといえば、私が渡っている間信号が変わっていなかったらしく、通りを挟んで向こう側にいる。少し焦っているように見えるのは、私が堂々と観られる場所に立っているためだろう。
 私はその場から動けなかった。脚が震えて、階段を登るなんて考えられなかった。
 信号が変わり、車が止まる。ドライバーたちの視線が私に集まっている。
 顔から火が出そうなくらい、恥ずかしかった。そのドライバーたちのうちのひとりが、携帯電話らしきものを取り出すのが見えた。
(撮られる……ッ!)
 私は咄嗟にその場を離れて駆け出した。とにかく人のいない方へと駆ける。
 抑えるものが何もないおっぱいが跳ねて痛い。両手で胸を抑え、とにかく走る。
 後ろから誰かの足音が聞こえてきて、私はパニックになった。
(逃げなきゃ……ッ!)
 あとから思えば、足音がするのは当然だった。
 けれどパニックになった私はその足音から逃げるために脚を早め、そして体力の限界が来て、ようやく小さな路地で壁に寄りかかって息を吐く。
「はぁ……はぁ……あっ!」
 そこでようやく、私はとんだ失敗に気づいた。
 後ろから付いてきていた足音は、エミリだっただろうということに。
 いままでひとりで露出プレイをすることしてなかったから、それが完全に裏目に出た。
 よりにもよって協力者を振り切ってしまったのだ。
「……ヤバ……ッ、どうしよう……!」
 結果として。
 私はほとんど土地勘もない町で、裸で孤立してしまったのだ。


その8につづく

[ 2018/07/02 21:54 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ