FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

透明露出プレイ その5 おわり


 まずベランダに面している部屋はリビングのようだった。
 ソファと机、テレビ台と大きなテレビ。それだけしかなかった。内装も最小限しかなく、とても殺風景で、彼女以外の人が住んでいる気配がまったくない。
 でも、この部屋は彼女が独り暮らしをするにはあまりに広い。そういえば独り暮らし用の私の部屋と違い、二つ隣のこの部屋はファミリー用の部屋のはずだ。
 ここにひとりで住んでいるのだろうか。お金持ちのご令嬢なのかもしれないけど、それならそれでお手伝いさんとかがいそうなものだ。
 ともあれ、私は音を立てないように慎重に歩いて彼女が向かった奥の部屋を覗いてみた。
 そこは彼女の私室のようで、ベランダに面するリビングよりは生活感があった。女の子らしいとはとても言えない、物が最小限しかない殺風景さには違いがなかったけど。
 安藤ちゃんはそこで制服を脱ごうとしているところだった。彼女の白い肌が露わになっていく。この部屋のカーテンはきちんと閉められているけど、まさか家の中から覗かれているとは思ってもいないだろう。
 私は特別レズの気があるわけじゃないけど、露出をたしなんでいる関係上、身体の美しさには目がない。男性女性問わず、美しいものは美しいと感じる質だった。
 そんな私から見て、安藤ちゃんの身体は十二分に綺麗だった。そこらのアイドルやモデルより、よっぽど綺麗だと思える。若いゆえの肌の張りというのもあるけど、何かスポーツでもやっているのかと思うほど、彼女の身体は均整の取れた、機能美溢れる身体だった。
 思わず見入っていると、不意に彼女が窓の方を向いた。どうやら私の視線を肌で感じたようだ。私は慌てて顔を引っ込めつつ、彼女の動向をこっそりと伺う。
 彼女はしばらくカーテンを睨み付けていたけど、隙間もなにも開いていないことを確かめると、首を傾げながら着換えに戻った。制服をハンガーにかけ、下着姿で私服らしきものを取り出す。
 彼女の私服はものすごく地味なものだった。機能性だけを追求したような、シャツとズボン。彼女の容姿ならおしゃれをすればそれだけで老若男女すべてを魅了できるだろうに、そういうところは無頓着なようだった。
 あるいは備わったものだけで十分と考えているのかもしれない。ある意味その判断は正しい。彼女が何を着ても似合いそうなのは明白だったからだ。むしろかえって地味な服装の方が、彼女の抜きんでた美貌を実感するにはちょうど良いのかもしれない。
 私は慎重に足音を殺しつつ、彼女の部屋に入る。彼女が帰ってきておいたであろう通学カバンに近付いた。それと入れ違うようにして、彼女は部屋を出て行ってしまう。
 彼女に関する情報がもっと欲しい。私はそっと通学カバンの蓋を開け、何か無いか探した。すると、無造作に入れられていた定期入れに、定期の他に学生証が入れられていた。
(安藤……響子ちゃん、か)
 制服からなんとなくわかっていたけど、名門女子校に通っているようだ。几帳面なことに学生証の裏に、緊急用の連絡先が書いてあった。そこに書いてある住所はこのマンションのものじゃなく、県外の住所が記されていた。どうやら、親元を離れて暮らしているのは間違いないらしい。
(学校に通うために独り暮らししてる……とかいう感じなのかな?)
 私はそう考えた。でもこの学校は名門ではあるけども、果たして県外からわざわざ通いに来るほどの学校だっただろうか。
 仮にそうだとして、学生寮のようなものがあるのではないだろうか。このマンションがそういう学生用ではない普通のマンションであることは、私もここの住民なのだからよく知っている。
 私は学生証をカバンの中に直しながら、安藤響子ちゃんに興味を惹かれているのを感じていた。当初の目的である家族関係については、親元を離れて独り暮らしをしているということくらいしかまだわかっていない。
 もっと彼女のことが知りたい。もっと彼女を見ていたい。
 そう思った私は、彼女の生活をのぞき見させてもらうことにした。露出狂の私が、人の生活をのぞき見するなんて、なんだか変な話だけど。
 でもそう思ってしまうほど、彼女は綺麗で魅力だったのだ。
 私が部屋を出て行った彼女がどこに行ったのか探してみると、彼女は台所に立って夕食の準備をしているようだった。
 けれど、その手つきがどうにも危なっかしい。包丁を握り、食材を切る。そのひとつひとつの動作から緊張が伝わってくるようだった。おそらく彼女は自炊しなれていない。
(あああ、指切りそう……それはもっと根元の方で切っても大丈夫なのに……)
 すごく手を出したい。助言してあげたかった。これでも独り暮らしを初めて長いから、色々教えることができるのに。
 けれど、忍び込んでいる現状、声をかけるわけにもいかない。
 私は彼女が調理に集中している間に、脱出してしまうことにした。彼女のことをもっとよく知るためには準備が必要だ。透明化の残り時間もそんなに残っていない。
 響子ちゃんに気づかれないように、網戸を静かに開け、ベランダを伝って自分の部屋に戻った。
 こうして、私は透明化の能力をフルに使い、安藤響子ちゃんの生活を覗き見するようになった。
 お風呂場に忍び込んで響子ちゃんの裸を眺めたり。
 独りで黙々と食事をとって出かけるところを見送ったり。
 一生懸命勉強に取り組んでいる姿を見守ったり。
 色々とみている内に、だんだん響子ちゃんという子がどんな子なのかわかってきた。
 まず彼女は交友関係が極端に少ない。さすがに毎回スマートフォンの画面を覗き込むわけにもいかなかったから推測でしかないけど、そもそもスマートフォンを弄る回数も少なく、友達と連絡を取っている様子もない。休みの日はどこかに出かけることもあるけど、買い物の内容を見るに、日用品の補充という感じでしかなく、遊びに行っている風でもない。
 かといって虐められたり無視されていたりするわけでもないようだ。一度学校での様子をみようと透明化して学校に忍び込んでみたのだけど、彼女は家と全く変わらない様子だった。特別仲のいい子はいないようだったけど、疎まれているわけでもなく、むしろ一定の敬意を持って接されているようにも見えた。
 よく言えば孤高、悪く言えばぼっち。
 おそらく表情が硬いのと、人並み外れた美人さんであるがゆえの弊害なのだろう。確かにもし私が学生だったとして、彼女みたいな綺麗で無表情な子がいたら、気軽に話しかけることはできない。彼女の側もそれで寂しがっている様子もないし、ミステリアスな感じに憧れを抱くかもしれない。
 いずれにせよ、そういう学生時代を超えて大人になった私からすれば、もっと周りと交流すれば良いのに、と思わなくもなかった。
 数日間彼女を見守っていたら情も沸く。彼女に助けて貰ったあの日から、彼女と普通に出くわす機会はなかったけど、上手くなんとかアドバイスできるようにならないだろうか。
 そう考えた私は、ある日偶然を装って彼女の出かけるタイミングに合わせ、自分も出かけるふりをしてエレベーター前でばったり出くわす、という演出をしてみせた。もちろん露出プレイとしてではなく、至って普通のOLみたいな格好で、だ。
「こ、こんにちは」
「…………」
 彼女の顔が非常に険しくなる。挨拶は返してくれなかったけど、会釈だけは返してくれたし、逃げなかったので安心した。
 エレベーターに乗り込み、下に降りるまでの間、私はなるべく自然な声を心がけて彼女に話しかけた。
「この前はありがとうございます。見つかったのがあなたじゃなかったら危なかったわ」
「…………」
「何か御礼をしたいのですけど」
「結構よ」
 言葉の刃とはこういうものを言うのかも知れない。けれど、ここで退くわけにはいかなかったので、構わず続ける。
「ちょうど実家から美味しいカボチャが届いてるんですよね」
 私のその言葉に響子ちゃんがぴくりと反応したのを、私は見逃さなかった。ここ数日にわたる観察で彼女の好みはリサーチ済みだ。
 料理本を読んでいた際、カボチャ料理の欄をじっと見つめていたのが印象的だった。惣菜にもカボチャの入ったものをよく選んでいたので、好物なのはわかっていた。
「うちのカボチャは美味しいですよ? 煮物にすると甘くて舌のうえで蕩けるんです」
「……!」
「余らせてるものですし、あのことの口止め料だと思って受け取ってくれませんか?」
 互いにとっての大義名分を口にする。心理的な垣根を取り払う。
 彼女が迷って即断できずにいる内に、エレベーターは一階についていた。
「それじゃあ、夜にお裾分けしにいきますね」
 一方的にそういって、エレベーターから先に降りる。
 彼女は何か言おうとしていたけど、結局何かを言ってくることはなかった。
 まずは一歩。
(じわり、じわりと距離を詰めていくとしましょう)
 私は彼女に見えない角度で、口角を吊り上げた。
 彼女に執着するのは、単純に安藤響子ちゃんが気に入ったのとは別に、もう一つ理由があった。

 響子ちゃんは、露出プレイに興味があるらしかった。

その6につづく
[ 2018/04/28 14:14 ] 透明露出プレイ その5 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その5 3

 ぺたぺたと、マンションの廊下の冷たい床を裸足で歩く。普段から激しい露出プレイに興じている身としては、裸で廊下を歩くなんて何度もしているプレイではあるのだけど、それでも完全に慣れるということはなく、ドキドキする胸に手を当てて落ち着かせながら一歩一歩進んでいた。
 誰かに会わないように、会ったとしても回避できるように、エレベーターではなく階段を使って一階へと降りる。このマンションの無駄に立派なエントランスには、座って休めるようにベンチが置いてある。ほとんど誰も利用している様子がない、いわゆる無駄なおしゃれ空間だけど、私に関してはここをよく利用していた。正しい使い方ではないけど。
 このエントランスが私にとって都合がいいのは、マンションに入る人は必ずこのエントランスを通るということだった。でもマンションに帰って来たのにわざわざエントランスのベンチで休んでいく者はいない。入り口からエレベーターまでの動線を考えれば、触れるほどの近くに来る者もいない。
 突然走ってくる子供だけには要注意だけど、大体の人は目の前を通過するだけで終わる。
 私はベンチの上でM字開脚をして、道行く人に見せつけるようなポーズを取った。片手で秘部を、もう片方の手で胸を掴んで露出オナニーに興じる。
 いまは夕方だから、一番出入りが多くなる時間になり、マンションの住民たちが頻繁に帰ってくる。目の前を通り過ぎていく人たちは、まさかすぐそこのエントランスで変態女が自慰に耽っているとは夢にも思っていないだろう。
 露出にはスリルがなければならないという人もいる。私もおおむね同意見だし、その観点でいえば私の透明化能力はそのスリルを減じる邪道かもしれない。
 けれど、現実としてそう毎回大きなスリルのある露出プレイに興じるわけにもいかないから、程よく露出感覚を味わえるこの能力はすばらしいものだった。
 確かに触れられさえしなければ安全だけど、かといってリスクがゼロになっているわけでもないしね。
 私は程よく緊張感を持って露出することのできるこの能力が好きだった。
 もうすっかり身体は出来上がっていて、あそこからはおつゆが垂れるほどだったし、乳首は痛いほど硬くなっている。少し触れるだけでびりびりとした刺激が頭に走り、思わず出そうになる声を押し殺す。
 いくら透明になれているとはいえ、声や息づかいの音まで消せるわけじゃない。たまにそんなかすかな音を聞き取れる人もいて、一瞬こちらに視線が向けられたりすると、すごく興奮する。
 そうやってドキドキしながら、絶頂しそうでしない絶妙な状態で楽しんでいると、ついにあの子が帰ってきた。
 制服に身を包み、その表情は相変わらず押し黙った岩のように硬い。顔が整っている美人さんなだけに、歩いているだけでも威圧感は相当なものだった。
 私はいったん自慰をやめ、彼女の後をついていく。彼女がエレベーターに乗る際、他に乗り込む人がいないのを確認して、背後に気をつけつつ、彼女がエレベーターに乗ってどの階層のボタンを押すか確認してから、階段で一気にその階に駆け上がる。
 一緒に乗らないのは乗ってくる人がいないとも限らないのと、狭いエレベーターの中じゃ彼女が不意に動いた時避けきれないからだ。
 階段を駈け上がるのはかなりしんどかったけど、なんとかエレベーターがつくよりも前に登り切る。
 エレベーターから降りてきた彼女の後ろについて部屋を確認すると、同じ階のふたつ隣の部屋だった。表札には『安藤』の文字。
(安藤、ちゃんか……ふたつ隣だったとはね……)
 鍵を開けて安藤ちゃんが部屋の中に入っていく。さすがにそれについて行くことはできない。
 だけど同じ階の部屋なら、やりようはいくらでもあった。
 私は一度自分の部屋に入り、ベランダに出る。このマンションは隣の部屋との間に仕切りはあるものの、やろうと思えば隣のベランダに行くことができた。
 ただ、広い通りに面しているし、落下の危険もあるので、普通ならば越えることは無理だろう。けれど透明化の能力を持つ私だからこそ、誰にも気づかれずにそこを越えることができる。
 下着泥棒みたいな変質者になった気分で、慎重に仕切りを越える。いや、全裸で不法侵入している時点で、変質者そのものなんだけど。
 お隣さんはガーデニングなどの趣味をしていないようで、物がないベランダだった。失敬してそこを通らせてもらい、もう一つ仕切りを越えて安藤ちゃんの部屋のベランダに入る。
 ちょうど安藤ちゃんが換気のために窓を開けに来たところだった。この階層のベランダに不法侵入されているとは思わないだろう。安藤ちゃんは虫除けの網戸だけ締めて窓は全開にしていた。
 安藤ちゃんが別の部屋に移動するのを確認してから、私はそっと網戸を開けて部屋の中に侵入した。

つづく
[ 2018/04/26 21:48 ] 透明露出プレイ その5 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その5 2

 透明化拘束露出プレイに興じ、大失敗して人に情けをかけてもらって解放された日。
 家に帰り着いた私は泥のように眠り、夜中にようやく目を覚ました。
 一応軽くシャワーを浴びて汚れは落としたけど、筋肉痛なのか全身の至るところが痛く、しばらくは露出プレイもお預けになりそうだった。
「さすがにやりすぎちゃったものね……」
 基本家の中でも全裸で過ごしている私はベッドの上でごろごろしながら、一眠りしてすっきりした頭で、助けてくれた子のことを思い返す。
 ものすごく怖い子だった。学生ということは私より年下であろうにあの貫禄。出会った状況が状況だったけど、仮に普通に出会っていたとしてもあの威圧感に負けていたであろうことは想像に難くない。
「誰にも言わないでいてくれるよね……」
 噂になるのが迷惑だと言っていたのだから不用意に言いふらしはしないだろうけど、実際のところはどうなのだろう。変態に出くわしたと親に話せば、その親が抗議に乗り込んでくることも十分に考えられた。
「……そういえばあの子、何号室の子なんだっけ……」
 昨今引っ越しの挨拶もしない人は多い。私も引っ越してきた当初に左右と上下くらいには挨拶したけど、マンション全体にはしなかった。そもそも挨拶も簡単なものだったし、マンションの住民のほとんどを把握していないと言っていい。
 だからあの子が何号室に住んでいるかも全くわからなかった。向こうにはこちらがどこに住んでいるかまでバレているというのに。
「あれだけ強烈な印象だったし……覚えててもおかしくないんだけどな」
 もちろんあの状況そのものが強烈だったので、それまでは無難に挨拶や会釈程度で済ませていたのかもしれない。
 とにかく、あの子が何号室の子で、どんな交友関係を持っているのかは私の死活問題だ。そう色々と理論武装というか、言い訳を重ねた上で。
「三時間、透明に……なれ!」
 私は透明化能力を発動し、自分の姿を透明にした。自分の能力を最大限活用し、調査を行うことにしたのだ。
(まずはあの子が何号室か調べないと……学校に行っているのだとして、そろそろ帰ってくる頃だし、入り口で張り込みましょうか……あ)
 そこまで考えて、私は思わず裸で能力を使ってしまったことに気づいた。
(……まあ、いっか! 今日は拘束してないし、人との接触にだけ気をつければいいよね)
 調査が目的だったのだから、適当な服を身につけてから透明化すれば良かった。
 けれど、全裸で能力を発動させてしまったことだし、せっかくだから張り込むついでに露出プレイも楽しもうと思う。さっきしばらくは露出プレイをしないでおこうと思っていたことはこのときすでに忘れていた。
 こういう計画性のないプレイが痛い目を見る原因なのだけど、私は結局懲りていないのだった。
 開放的な風を感じつつ、私は部屋のドアを開けて外へと躊躇なく飛び出していく。

つづく
[ 2018/04/25 21:50 ] 透明露出プレイ その5 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その5 1

 すべらかな肌の上を水滴がなめらかに流れ落ちていく。
 絵画の一枚のような光景に、私はうっとりと魅せられてしまった。女体の美というものには色々な 意味で意識している私だけど、彼女のそれは私の知る中でも有数のものであると言える。
 少し気が強そうな顔つきと鋭い目つきも、その見事なプロポーションの身体にはとても相応しいも のであると言えた。
 彼女は淡々とした様子で髪を洗い、身体を磨いている。彼女は私のことに構わず、実に機械的に身 体を洗っていた。にも関わらずこんなに絵になるのだから、全く彼女の魅力というのものは計り知れ ない。若さゆえの魅力というものもあると思うけど、彼女に関してはそれに甘んじずしっかり磨き上 げているということが大きいのだろう。
 私は彼女に存在がバレないよう浴室の隅で息を殺しつつ、彼女の身体をじっくりと観察していた。
 いくら気配を殺すことが上手かったとしても、普通はこんな狭いところにいたらすぐにバレる。カ ーテンなどの隠れるに都合のいいものが置いてあるわけでもないからだ。
 なのに私の存在が彼女にばれていないのは、ひとえに私の持つ特殊な能力によるものだった。
 その能力とは、透明化能力という。


 私は露出狂だ。それも重度なもので、ただ性器を露出するだけでは飽き足らず、身体を拘束して拘 束を解くために、町中を強制的に歩き回らなければならなくしてしまうほどの露出狂いだった。
 単独での露出プレイ、それも拘束してのものとなると、非常にリスクが高い。それでも私がそれを やり続けることができたのは、私の持つこの透明化能力のおかげだった。
 万が一にも見つからないようにできる能力。能力を発動した時点で身に着けているものも含めて透 明化するため、拘束した状態での露出も容易だった。
 ただし、人に触れられてしまうと解けてしまうなどの制約があって、万能ではないし、透明化して いる間は透明化している物は物理的な影響を受けなくなるため、拘束したものを断ち切れなくなるた め、諸刃の剣なのだけど。
 この能力を使って、私は普通以上に露出プレイに熱中していた。
 その罰が当たったのだろうか。この前露出拘束プレイに興じた時、私は様々な原因が重なって完全 に『嵌まり』の状態に陥ってしまった。
 なんとか家までは帰ったものの、能力が解除されていないと思って困っていたところ、同じマンシ ョンに住む女子学生に見つかってしまったのだった。


 不審者として警察を呼ばれてしまえば、私はもうマンションに住んでいられない。それどころでは なく、変態の汚名を一生背負って活きていかなければならない。
 絶望して座り込んでいたら、その女子学生はものすごく不機嫌そうな顔で、私に近付いて来たかと 思うと、私が拘束を解くために用意していたハサミを奪うように手に取り、私の身体を縛っていた縄 を切ってくれた。
 呆然と見ていると、彼女は相変わらずの顔で。
「あとは自分でやれるわね。さっさと消えて。迷惑」
 ずばりと切断するような声で言い捨て、立ち去ろうとした。
 私は思わず、開口具を外してその子に声をかけていた。
「ぷはっ……ま、待って!」
「……なに?」
「その……ごめんなさい……こ、腰が抜けてて……」
 情けなかった。ただでさえ無様を晒しているのに。
 けれど実際、腰が抜けてて動くことができず、そのままでは結局他の人に見つかってしまう。私は 彼女に縋るしかなかったのだ。
 その時の彼女の形相はもう直視できないほどのものになっていて、私は拘束は解けたのだから腰に 力が入るまで透明化能力を使って隠れていれば良かったと後悔した。
 そのまま放置されてもおかしくなかったのだけれど、閻魔のような表情に反して彼女は私に肩を貸 して、私の部屋の前まで運んでくれた。
 なお、ポストから鍵を取り出した時には。
「防犯上問題があるでしょう。いない間に泥棒が入っていたらどうするの? もっと違う方法を考え たらどうなの?」
 と容赦ないまっとうなお叱りを受けた。
 ともあれなんとか玄関に入ることができた私は、いまさらながら身体を隠しつつ、彼女に御礼を言 った。
「あ、ありがとう……助かりました……」
 そしたら彼女は絶対零度の視線を維持したまま、再度口を開いた。
「同じマンションに露出狂の変態がいるなんて近所の噂になったら、こっちの迷惑にもなるの。自重 して」
「はい……」
「じゃあ私はこれで」
 そう言って彼女は去って行った。彼女の言い様からすると、私のことを人にいうつもりもないよう だった。
 あの目と態度はめちゃくちゃ怖かったけど、見つかったのが彼女で良かったと思う。


 そんな風に助けてもらっておいて、なぜいま彼女の浴室に忍び込んでいるような真似をしているの か。それには深い……いや、別に深くはないけど、色々訳があるのだった。
 それは彼女に助けて貰った翌日に遡る。

つづく
[ 2018/04/24 19:01 ] 透明露出プレイ その5 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ