FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

透明露出プレイ その7 3

 着いた場所、そこは大きな通りだった。
 国道というわけではないみたいだけど、片側だけで四車線くらいある大きな道で、交通量もかなり多そうだ。とても露出プレイに向いている環境とは思えなかったけど、エミリはここが目的地だという。
「ここね、下を歩こうとするとものすごく待たされるから、地元の人はほとんど通らないの。もう少し向こうに行ったらもっと整備された地下道があって、大抵の人はそっちに行っちゃうわ」
 エミリの言うとおり、信号を待っている人はいない。夜中というのもあると思うけど、歩いている人は全然見当たらなかった。
「も、もしかしてここを渡れって……?」
 心臓が跳ねる。そんなことをしたら、信号待ちの車から確実に見られてしまう。
 辺りにすぐ停まれそうな場所はないから、襲われる心配はないかもしれないけど、見せることが前提というのは少しためらわれた。
 するとエミリはそれを見越していたかのように、にっこりと微笑む。
「もちろん違うわ。そうしたいというなら止めないけど……夢衣奈はそういうタイプじゃないわよね」
 私ならそうするところだけど、とエミリは言う。エミリは見られることも楽しむタイプの露出っ子だからだろう。
 彼女が私の性質をわかっていることに安堵しつつも、ではこの場所に連れてきた意味を考えてしまう。まさか自分にとっての露出プレイスポットを自慢したかったということではないだろうし。
 不思議そうにしているのが伝わったのか、エミリが人差し指をすっと上に向ける。
 思わずその先を追いかけて――私は理解した。
「ふふふ……わかってくれたみたいね」
「歩道橋……!」
 そこには、大きな歩道橋がかかっていた。恐らくこの信号が長いことは承知の上で、その対策のためにかけられたものなのだろう。
 ただ、歩道橋というのはよほどそれが便利でない限り、階段の上り下りが発生してしまい、あまり利用されることがなくなってしまうものだ。ここの歩道橋は大きさこそかなりのものがあったけど、その利便性の悪さや、地下道の存在があるので、全く利用されていないようだった。
「せめてエレベーターとか、スロープがついていたならもう少し使われていたと思うんだけど、階段しかないのよねぇ……」
 けれど、その不便さが私たち露出っ子にとって最高のシチュエーションを生み出す。
「ちなみに手すりを見てもらえばわかると思うけど、下を通る自動車からは顔くらいしか見えないわ。安心して存分に開放感を味わえるわよ。そもそも暗いから見づらいし」
 幅が広い上に手すりがきちんと作られているため、真ん中を通ればほとんど顔くらいしか見えないのだという。
 周りに高いビルもなく、その開放感はいかほどのものになるだろうか。
 私はせっかく苦労して落ち着けた気持ちが、さらに激しく燃え上がるのを感じた。
「ただ、大きなデメリットもあるわ。ほとんどないとは思うけど、貴女が渡っている時に人が来る可能性は否定できない。そして歩道橋が大きいがゆえに、一度渡り始めた後、途中で人が来たら逃げ隠れることはほぼ出来ないと思っておいて」
 前から来るにせよ、後ろから来るにせよ、見られることは避けがたいだろう、とエミリは断じる。それは正直怖いけど、それくらいのリスクは負って然るべきだろう。
 私とエミリは、まず歩道橋の階段の中腹まで上がった。踊り場になっているそこはちょうどこちら側の車線からも、向こう側の車線からも死角になる。
 透明化の能力があるとはいえ、私も露出っ子のひとり。その意味合いがどういうものなのか、エミリに言われずとも理解する。
 興奮に乗っかるようにして、私は素早くその場で服を脱ぎ始めた。エミリが周りの警戒をしてくれているから、少しは安心して脱ぐことが出来る。
 ここで裸になって、私は歩道橋を使って向こう側まで渡るのだ。

つづく
[ 2018/06/29 20:00 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その7 2

 エミリに協力してもらって露出プレイをするにあたって、私が激しく興奮している理由には、露出プレイが久しぶりだということの他に、もうひとつ理由があった。
 それは、エミリが一緒だということは、透明化の能力を使えないということだ。
 実はエミリには私が持つ透明化能力のことは話していない。
 エミリを信用していないというわけではもちろんない。
 毎回露出プレイを一緒にするならともかく、たまにしか合わないエミリにそのことを話すのは、デメリットしか生まないと思ったからだ。
 私はいまだに自分以外の能力者に出会ったことはないけど、もしかしたら他にも能力者はいるかもしれない。エミリの立場からすれば、『自分の傍にもそんな能力者がいるかもしれない』と思い悩むだけだろう。
 仮にそんな人がいたとして、私みたいにある意味無害なことに能力を使っているとは限らない。もしかするともっと悪いことに使っている人がいるかもしれない。
 私という実例を知ってしまえば、そんな『かもしれない』危険に怯えなければならなくなる。
 だから私はエミリに限らず、出来る限り人に透明化の能力を教えることはしないでおこうと決めていた。
 響子ちゃんについては……うん、まずは彼女を露出っ子の道に引きずり込んでから考えようと思う。
 ともかく、そんなわけで私はエミリに透明化の能力のことをいうつもりはなく、それはいままでやってきたような、透明化能力に頼った露出プレイはできないということだった。
 透明化能力を使って、普通なら絶対にできないようなところで行う露出プレイもいいけど、エミリと一緒に行う露出プレイは別種の興奮があって好きだった。


 エミリと一緒に店を出て、しばらく街中を歩く。
 そうして歩いている間、夜風に当たっていたらお酒はだいぶ抜けていた。
 それでもお酒の影響が気になるのか、エミリはしきりに私の足元を気にしている。
「夢衣奈、大丈夫? あんまり酔っ払ってたらフォローしきれなくなるから中止よ?」
 安全を考えれば、酔っぱらっている人間の面倒を見たくないというのがエミリの本音だろう。それは私も同意見なので仕方ないと思う。
 酔ったふりして……というのは露出プレイの王道ではあると思うけど、本当に酔っぱらって脱ぐのはプレイではなく、単に自制が効いていないだけだ。
「大丈夫。目的の場所まではもう少し歩くんでしょ? それなら歩いている間に抜けると思うわ」
「無理はしないでね。ただでさえ危ないプレイなんだから……」
 解放感に伴う、『誰かに見つかってしまうかもしれない』というそのスリルがたまらないのだけど、本当にみつかって騒動になってしまうのは困る。
 エミリがいるから助けの手はあるとはいえ、それでもトラブルを巻き起こしてしまうことは本意ではなかった。
 冷静に深呼吸を繰り返しながら酒気を抜き、身体は興奮していても頭はクリアに務める。
 そう努力している間に、とうとう目的の場所へと着いた。

つづく
[ 2018/06/28 23:37 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その7 1

 夜の公園を、響子ちゃんの手を引いて歩く。
 響子ちゃんはしきりに周囲を見回していた。いつもは凜とした表情を決して崩さない彼女が、まるでいまにも泣きそうな子供のような、心細そうな表情で歩いている。
「め、夢衣奈さん……っ」
 必死に私の名前を呼ぶ声も、震えていていまにも崩れそうなほど危うい。
 私はそんな響子ちゃんを励ますつもりで、握ったその手に力を込めた。
「大丈夫よ、響子ちゃん。私がついてるわ」
 大人として……いえ、この道の先輩として、余裕を見せてあげないといけない。
 本当は私だって震えたい。もしいま誰かに見つかったら、それは私だけじゃなくて響子ちゃんの身の破滅をも意味しているからだ。
 いざとなれば自分が囮になってでも、彼女だけは逃がさなければならない。
 人の人生を背負っている状況がこんなに恐ろしいものだとは思わなかった。
 けれど、同時に。
 恐れ以上に、私の心は喜びに満ちていた。

 なぜなら――響子ちゃんと一緒に露出プレイをすることができているのだから。

 ずっとこっそり見ていた響子ちゃんの見事な裸体が、夜の明かりに照らされて輝いている。見られることを意識してずっと磨いてきた私の身体なんかより、よっぽど響子ちゃんの素のままの身体の方が綺麗なのだから、若いというのはずるい。
 妬ましい思いもあるけど、それ以上にそんな彼女と一緒に露出プレイが出来ているという喜びはより強いものだった。
 響子ちゃんは私と繋いだ手とは逆の手で、必死に身体を隠そうとしている。それがまたなんとも初々しい恥じらいを感じさせて、彼女をとても魅力的に魅せていた。考え方は様々だけど、私はやっぱり露出の醍醐味はこういう恥じらいだと思う。
「ふふ……ほら、そんなに背中を丸めないで。響子ちゃん、とても綺麗よ」
 だからそう囁いて彼女の羞恥心を煽るのを怠らない。
 耳まで真っ赤にして震える彼女は、本当に綺麗で可愛かった。
「ほら、あっちの広場の方にいってみましょ」
 私たちがいま歩いているのは、公園の中でも茂みの覆い場所だ。視界は開けていないため、遠くからは見られない安全地帯だった。
 けれど、私は響子ちゃんの手を引いて連れていこうとしているのは、遠くからでもよく見える開けたところ。いつどこから見られるかわからない危険な場所だった。
「……っ!」
 それを理解してか、響子ちゃんが激しく首を横に振る。
 無理だと言いたいのだろうけど、言葉が出てこないみたいだ。
 私はそんな響子ちゃんを落ち着けるために、その身体を引き寄せて、彼女の身体を抱きしめた。
 お互い何も身に付けていない全裸同士。肌と肌が触れて、熱い体温が感じられた。
 大きく高鳴っている鼓動がお互いに伝わる。
「大丈夫、私がいるから……いきましょう?」
 先輩として、私が彼女をリードしなければならない。
 響子ちゃんは真っ赤に染まった顔で、いまにも涙が零れそうな目をしながらも、私を信じてか、手を強く握ってくれた。覚悟は出来たみたい。
 私はそんな響子ちゃんが愛しく思えて、その頬にそっとキスをする。恥ずかしいのとは別の意味で、彼女の顔は赤く染まった。
 いたずらが成功した気分で響子ちゃんに向けて笑いかけ、私は彼女の手を引いて公園の広場に向けて歩みを進める。

 まだ私たちの露出プレイは始まったばかりだ――



「――ってやりたいのよ!」
 ドン、と思ったより勢いよくジョッキが机を叩いた。
 酔っている自覚はあったけど、いまはそれを気にしている余裕はない。ジョッキの中に残っていたビールを喉に流し込む。
 そんな私の前で、エミリは苦笑いを浮かべている。
「夢衣奈……気持ちはわかるけど、飲み過ぎよ?」
 電話騒動があってから、私は響子ちゃんを露出ッ子に落とす計画を全く進められないでいた。無論、さっきの妄想みたいなことはあり得ない。
 下手に動いて響子ちゃんに嫌われては元も子もない。
 だから最近は自分一人での露出プレイも控えていて、それもまたストレスの溜まる原因だった。
「順調だったのに~……なんであのタイミングで電話してくるのよエミリのばかぁ」
 つまりこれは愚痴を吐き出す会であり、エミリに対する八つ当たりだった。
 あの時間にエミリが電話をかけてきたのは偶然だし、そもそも私が響子ちゃんの家に携帯を忘れるという大ポカをやらかさなければ良かっただけの話だ。
 だから本当は付き合う必要もないのだけど、エミリは律儀に私の愚痴に付き合ってくれている。得がたい露出友達だった。
 わざわざ予定を作って会わなければならないほど遠くに住んでいなければ、確実に私はエミリと一緒に日々露出プレイに興じていただろう。
 世の中、ままならないものである。
「まあまあ……そのお詫びに今日は私が支援に徹するから。存分に楽しんでちょうだい」
 エミリはそう笑いかけてくれる。私は酔いの回った頭ながらも、その言葉に興奮を呼び起こされた。
 今日はこれからエミリの支援の元、久しぶりの露出プレイに興じる予定なのだから。

つづく
[ 2018/06/27 22:54 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 おわり

 咄嗟に魔王さんが張ったシールドっぽいものが落ちてくる瓦礫の一部を防ぎますが、防ぎきれなかった瓦礫によって召還された何体かの魔物が挽肉になってしまっていました。
 というか、とんでもない分厚いシェルターの壁っぽく見えるんですが……本当にこの魔王さんはやばい存在だったみたいですね。
 幸い私は運よく瓦礫の直撃を免れましたが、目の前に迫っていた牛の化け物は頭が潰れて死んでしまいました。
 私と魔王さんも含め、その場にいた全員が頭上を仰ぎ見ます。
 すると、ドーム状の天井を突き破って降りてくるものがいました。
 漆黒の鱗、燃える様な緑の瞳。
 堂々たる体躯は巨大。
 その身から放たれる覇気は、魔王さんのそれを陵駕していました。

 ……単純に見た目が大きいからかもしれませんが。

 それが何なのか、私は一言で言い表すことが出来ました。
 なぜならそれはゲームがメジャーな存在となった現代社会では一種の共通認識として、どんなゲームでもよく見かける存在だったからです。
 ドラゴン。
 あらゆる世界で最強に位置づけられる存在が、現れていました。
 突然の登場に魔王さんも驚いていたようですが、さすがはこの世界の覇者。
 驚きから回復すると、余裕のある笑みを浮かべていました。

「ふん。飛ぶトカゲ風情が余に挑もうなど……!?」

 余裕たっぷりだったはずの魔王さんが、突如その顔を恐怖に満たしました。
 魔王さんに何が見えたのか私にはわかりません。
 ただ、魔王さんに余裕がなくなったことは確かです。

「よ、余の盾になれ! 『空間転――」

 逃げようとしているのは明白でした。
 あれだけ自信家で傲慢だった魔王さんがどうして、と思いましたが、その答えはすぐもたらされることになります。
 緑眼のドラゴンがその口内に黒い光りを宿したからです。
 ブレス。ドラゴンにとって鉄板の攻撃にして、最強の攻撃。
 恐らくそれが原因なのでしょう。魔王さんは逃げようとしていたものの、間に合いませんでした。

 ドーム内の空間に暴風が吹き荒れました。

 それは台風の暴風なんて目じゃないほどの凄まじいもので、私は触手に手足を押さえられていたおかげで吹き飛ばずに済みました。そうでなければこの部屋の端まで吹っ飛ばされ、壁に激突していたことでしょう。
 何が幸いするかわからないものです。
 けれど、破壊力自体はそうでもないようで、私を抑えている触手も、魔王さんもその場に留まっています。
 これが魔王さんがあんなに恐れていたブレスの威力なのでしょうか?
 あまりにも普通、と考えていた私は、すぐにその印象を撤回することになります。

「ば、馬鹿な……この余が……こんな……とこ、ろで……」

 魔王さんの身体が端から崩れていました。
 あれだけ強者らしい強者だった魔王さんが、ブレスの一撃でやられてしまったようなのです。
 それだけではありません。
 魔王さんが召還した、ラストダンジョン級ですよと言わんばかりの屈強な魔物たちも、次々倒れてしまっていました。
 私の手足を押さえていた触手も、力を失い、私は解放してもらうことができました。
 あれ? ちょっと待ってください。
 そんなすごいブレスに巻き込まれて、なんで私は無事なんでしょう?
 消えかけていた魔王さんが、そんな私を見て、目を見開きました。

「き、貴様……!? そうか! 耐性持――」

 消えました。
 ちょ、ちょっと魔王さん!? 最後まで言ってから消えてくださいよ!
 死ぬときまで不親切とか、なんなんですかもう!
 『耐性持ち』、という言葉が辛うじて聞こえました。どうやらドラゴンのブレスは単純な破壊力が問題じゃないようです。
 このドラゴンのブレスには何らかの特殊な効果があって、それに対する耐性を私は持っている……ということなのでしょう。
 それくらいは予想できます。できますが。

「グルル……」

 どうしましょう。
 魔王さんの魔の手から逃れられたかと思えば、これです。
 私が恐る恐る唸り声のした方を見上げると、そこには巨大なドラゴンの顔が。
 ずらりと並んだ牙が、いまにも私に襲いかかってきそうな迫力を持って迫ってきています。
 ドラゴンの鼻からは火傷しそうなくらいに熱い吐息が噴き出していて。
 私は迫ってくる怪物の圧迫感に耐えられず、意識を手放しました。

 この不親切な世界で――私はドラゴンの餌になってその人生を終えるようです。


第一章 おわり

第二章につづく

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その6

 緊張して先の見えない道を進んだり、ゴブリンから逃げて走り回ったり、穴から何十メートルも下に落ちたり。
 いい加減お腹も空いてきていました。
 早めにどうにかしないと動けなくなって、餓死してしまいます。
 出来れば早めに人里に出たいのです。
 こんな格好でも、飢えて死ぬよりはマシなはずです。

「とはいえ……どうすれば……」

 ちらりと魔王(仮)さんの方を見ました。めっちゃこっち見てます。
 その目は酷く苛立っているようでもあり、目を合わせにくくて仕方ありません。
 ふと、その目線が初めて私からずれました。私の背後を見ています。
 その方向になにかあるのでしょうか?
 振り返った私が見たものは、ただの水だと思っていたものが隆起しているところでした。 思わずぽかんと見上げてしまいます。
 わずかに発光している時点で、本当にただの水とは思っていませんでしたが……。
 まさか、それそのものが動き出すなんて予想外すぎます。
 それはそれ自体が巨人のような形を作ったかと思うと。

 その拳と思われる部分を、私目掛けて振り下ろしてきました。

 私の少ない人生経験でいうならそれは、海水浴で波に呑まれた時のような衝撃でした。
 立っていられずに水の勢いにもみくちゃにされ、上下もわからなくなるような。
 咄嗟に目をつぶったのでそれは余計に顕著でした。
 とにかく水面に上がろうと手足をばたつかせますが、水の勢いの前にはどうにもなりません。
 私は激流に流される木の葉のごとく、翻弄されていました。

「――フン、無様なものよ。だが、余を解放に至ったことは褒めてやる」

 その言葉は、水中なのに明瞭に聞こえました。
 私を翻弄していた水の流れが止み、同時に首根っこを掴まれて水から引き上げられます。
 ちょ、ちょっと! 首締まってます! 苦しい!
 その人の手は私の首を一蹴するほど大きかったので、首が締まっていました。
 猫みたいな扱いです。それもダメな奴。
 幸い、その人は私をすぐ解放してくれました。
 さっきの浮島の上に放り投げられたのですが。
 尻餅をついてしまい、お尻がものすごく痛かったです。

「カハハ! なんと無様なことよ! 転ぶだけで余を興じさせるとは大した道化よな!」

 自分が放り投げといて酷い言いぐさです。
 私はお尻の痛みに涙目になりながら、その声の主を見ました。
 予想通り、さっきまで柱の中に閉じ込められていた魔王(仮)さんでした。
 背中の大きな翼を広げ、空中を優雅に飛んでいます。
 さっきまでのただ美しい感じは消え失せ、いまは何か底知れぬ荒々しさを感じさせます。 ゆらゆら揺れてる尻尾ですら、岩をも砕きそうな力を醸し出しています。

「おい、道化。貴様、余の言葉はわかるであろう?」

 魔王(仮)さんはそう呼びかけてきました。
 言葉を理解できてはいたので、頷きます。
 なぜ急に理解できるようになったのか、その答えは明白でした。
 私の反応を受け、魔王(仮)さんは満足げに頷きます。

「カハハ! 封印状態では魔法を使えんかったからな。だがこうして解き放たれた以上、自在に魔法を使える。異世界人であろうと会話を交わすくらい、造作も無いわ」

 やはり、魔王(仮)さんがそういう魔法を使って理解出来るようにしてくれたようです。
 そんな便利な魔法があるのなら、この腕輪にも付けてくれれば良かったのに。

「む……? なるほど、小賢しいことを考えよるわ。人間」

 私の視線を追ったのか、魔王(仮)さんが私の腕輪に気づきました。
 そしてふわりと近付いてきて、腕輪ごと私の腕を掴むと。

「『破壊の魔手』」

 その呟きと同時に魔王(仮)さんに掴まれている部分が光りました。
 そして、腕輪が粉々に粉砕されます。
 私がどうやっても外れそうになかった腕輪が、細かな残骸になって崩れ去りました。
 え、ちょっとなにしてるんですかこの人!?
 魔王(仮)さんは一瞬、不思議そうな顔をした後、余裕のある笑みに戻ります。

「いまの腕輪は人間どもが用意したつまらぬ安全策よ。この封印の間に近付こうとした者に警告を与え、それでも進むようなら強制的に呼び戻す役目があったようだな。余の封印を解かれては敵わぬとはいえ、余の影響を受けて生まれたダンジョンを放置するのは惜しい。ゆえに挑戦者に対してそんなものを用意した……というところであろう。貴様には利かなかったのか、貴様に聞く気がなかったのか……まあよい」

 つらつらと述べられる魔王(仮)さんの言葉に、なにやら不穏な内容があったような。
 私は恐る恐る、魔王(仮)さんから離れます。それに対し、魔王(仮)さんはゆっくりと近付いてきました。

「何を怯える? 犯されるとでも思っておるのか。痴れ者め。誰が人間などという下賤な者と交わりたいと思うか。本来なら、挽肉にして配下の獣の餌にするところだ」

 嫌な予感は見事に的中しました。
 ダメです。この人完全に人類の敵のパターンです。
 解いちゃいけない封印を解いてしまったパターンです。

「安堵するが良い。余の封印を解いたという功績に免じて、挽肉にはしないでおいてやる」

 魔王(仮)……いえ、本物の魔王さんの背後に、無数の幾何学模様が刻まれた陣が出現します。
 そこからいかにも凶悪な魔物や、触手、様々なものが這いだしてきました。綺麗な人型は魔王さんだけで、他はもう醜悪だったりそもそも人型ですらなかったり様々なでした。
 そうですよね、魔王の軍勢っていったらそういうのですよね。

「余の配下の中には、人間の雌をいたぶることを好む者もおるからな。そいつらの慰み者にしてやろう。余の役に立てるのだ。素晴らしいだろう?」

 それのどこが素晴らしいんですか!
 逃げようとした私の身体に、気持ち悪い触手が巻き付きます。速くて逃げる暇もありません。
 ヌメヌメしてて気持ち悪いです!

「ちょ、ちょっと待って――むぐぐっ」

 なんとか話し合いが出来ないかと開きかけた口に、触手が潜り込んできました。
 言葉すら奪われて、抵抗する機会も、和解する機会も奪われてしまいました。

「カハハ! 余を封印した愚かな人間どもに死を与えてやろう! 貴様は特等席でその光景を眺めておるがよいわ。……まあ、いつまで正気を保てるかは、保証せんがな」

 上半身が牛の化け物が近付いてきました。その股間にあるものが大きく立ち上がっているのをみて、私はそれで犯されようとしていることを嫌でも理解します。
 触手によって大股開きにされてしまった私には抵抗することもできません。
 無様な私の格好を笑ってか、魔王たちの笑い声が響き渡っています。

 こうして、異世界に転移した私は、悪辣極まりない魔王を解き放ってしまい、そしてその生涯を悲惨な形で、理不尽に終え――




 その時、地を裂くような咆哮が、天井を突き破って落ちてきました。


つづく

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その5

『…………』

 代わりに、魔王(仮)さんはじろじろと私を見始めました。
 うう、あまりにも浮き世離れした美しさとはいえ、男性にバスタオル一枚のあられもない姿をじろじろと見られるのは恥ずかしいです。
 言葉が違うくらいですし、衣服の文化も認識がかなり違いそうですが、少なくとも魔王(仮)さんは私たちと変わらない、むしろ私たちの感覚でいっても豪奢な衣服を身につけています。
 着衣の感覚に関しては、私たちとそう変わらないと考えて良さそうです。
 そう考えると、ますます恥ずかしくなってしまいました。

「み、見ないでください……」

 当然ながらそう言っても通じないので、魔王(仮)さんは私をじっと見つめていました。
 私はどうすべきか本気で悩んでしまいます。
 浮島には魔王(仮)さんが封印されている円柱以外、何もないようです。
 円柱を中心に、ものすごく大きな魔方陣らしきものが広がっています。
 恐らくこれが封印なのでしょう。
 もしかするとこの魔方陣に傷を付けることで、魔王(仮)さんを解放することができるかもしれません。
 しゃがみ込んで試しに魔方陣に触れてみます。ぴりっとした静電気のようなものを指先に感じて思わず引っ込めてしまいましたが、それだけです。
 でも魔方陣は浮島の地面に直接刻んであるようで、ちょっと擦ったくらいでは消えそうにありません。

「……そもそも、解放していいんでしょうか?」

 いえ、いいわけがありませんよね。
 事情がわかればまた話は別かもしれませんが、この人がどういう人かもわからないうちに解放するのは危険です。
 さっきは王道なら、この人は破天荒なだけで気はいい魔王(仮)だろうと思いましたが。
 そんなわけがないのです。
 そんな都合のいい相手が出てくるくらいなら、そもそも最初の段階で親切な説明役が登場しているはずですし、言葉も難なく通じるはずなんです。
 きっとこの魔王(仮)さんは本当に極悪非道な魔王で、解放したが最後、私は最初の犠牲者Aとなるに違いありません。
 私はすっかりこの世界に対して疑い深くなっていました。

(まあ、どうしようもなくなったら解放するしかないですけど……)

 ここから出られるのかが最大の問題です。
 この場所はいうなれば『封印の間』というところなのでしょう。
 となれば、普通は出られないようにしてあるのが当然です。
 入るのがあっさりだったのは気になりますが。
 とにかくまずは天井以外に出入り口がないか探ってみることにします。
 そう考えた私は、浮島の縁を歩いて、ドーム状の空間の壁をぐるりと見渡してみました。
 残念ながら扉の類は見当たりません。
 天井の穴はいくつか見つけましたが、当然届くわけもありません。
 壁を登る技術も腕力もありませんし。

『…………』

 その間ずっと、魔王(仮)さんの視線が追いかけてきていました。
 向こうからすれば滅多に来ない珍しい客なのだとは思いますが、恥ずかしすぎるのであまり見ないでいただきたいところです。
 彼が封印されていて良かったと思いました。それで動けないというのがなければ、こんなに落ち着いて行動できはしなかったでしょう。
 いつ襲われるかわからず、ビクビクしなければならないところでした。

「うーん……ダメですね出れそうにありません」

 私は一通りこの場所の様子を見て、そう結論付けました。
 そもそもが物理的に閉じた場所のようです。
 空を飛べるわけでもない私には逃れようのない完璧な牢獄でした。
 多少は危険を覚悟の上で、魔王(仮)さんの解放に挑戦してみるしかなさそうです。

つづく

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その4

 男の人、のように見えます。
 肩幅もしっかりしていますし、体つきも筋肉質で逞しい感じです。
 けれど、現代日本では滅多に見られないほどの長髪で、その顔つきも目が覚めるほどの美しい造形をしていました。
 髪の色は銀で、瞳は赤。明らかに日本人ではありません。
 着ている服も豪奢なもので、なんというか貴族か何かが身に付けていそうなものです。
 そして何より。その額から伸びる二本の角。背中から広がっている黒い皮膜の翼。それで締め上げるだけで人が殺せそうなトゲ付きの尻尾。
 もはやここまで来るとあからさますぎてデザイン的にどうか、というくらいに。
 それは、封印された魔王でした。

『#$%"' ¥`@ "%&$……』

 暫定魔王(仮)さんは私に向けてなにやら威厳たっぷりな様子で話しかけてくれているのですが、全く言葉が理解できません。
 幸い、ゴブリンよりも人に近い造形なので、表情がものすごいドヤ顔なのは理解できるのですが……。
 恐らくですが、「私の前に立って臆さないのは褒めてやる」みたいなことを言っているような感じがします。
 すみません。単に貴方のことが理解できてないだけです。
 たぶん、この人……じゃなくて魔王(仮)さんはすごく有名なのではないでしょうか。それこそ人が出会えば卒倒するレベルの。
 人の手によって封印されたのだとすれば、封印は出来ても滅ぼすことはできなかったのだと推測できます。
 その場合、姿が人間に認知されていておかしくありません。
 なのに私が怯えないのを見て、褒めてくれている、ような感じでしょう。たぶん。

「……ええと、すみません。言葉がわからないんです」

 私は試しにこちらからも呼びかけてみることにしました。
 もしかしたら魔王(仮)さんならこっちの言葉を喋ることができるかもしれません。
 けれど、魔王(仮)さんは眉を顰め、再度よくわからない言語を話します。
 ダメです。通じてないっぽいです。
 普通こういうのって、なんだかんだで封印を解いて仲良くなるものでは。
 それで破天荒ながら強大な力を持つ魔王(仮)さんに助けられつつ、未知の異世界を渡り歩いていく、みたいなのが王道では?
 そもそも意思疎通が出来ないとか、詰んでるじゃないですか。
 やがて魔王(仮)さんも言葉が通じないと悟ったのか、話すのをやめました。

つづく

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その3

「鑑定、とかそういう能力もないんですかね……」

 タオルに触れながら何気なくぼそりと呟いた瞬間、とんでもないことが起きました。
 最初に腕に嵌めた奇妙な腕輪。
 それが光り、私がさっきまで思い描いていたような、いかにもステータスを表示する画面を展開してくれたのです!
 まさかこの腕輪がそんな便利なものだったとは。
 私は喜び勇んでその画面を注視し――膝から崩れ落ちました。

「よ、読めません……ッ!」

 そこに表示された文字は、最初の扉や台座にあった文字と同じだったのです。
 いや、それはそうです。普通に考えてこの世界で手に入れた腕輪の効果が、日本語で書いてるわけがないのです。
 だったらなんで「鑑定」という言葉には反応したのかは不思議ですが。
 日本語に反応してくれるのであれば、文字も日本語にしてくれたっていいではありませんか。
 いちいち不親切な世界です。
 今時いちから異世界の言語と文字を解読しながら進む物語なんて流行りません。
 ……いや、それはそれで面白そうですけども。個人的には読んでみたいです。
 でもそれは異世界転移する者が言語学者だとか、異世界の言語を理解する素養を持っている者が行ってこそでしょう。

「ただの一般市民に、未知の言語の解析はハードル高すぎですよ……!」

 冷たい異世界に打ちひしがれていた私は、それに気づくのが遅れました。
 恐らく私が水から上がってから、ずっと機会を窺っていたのでしょう。
 けれど私が他のことに気を取られていたので、機会を失っていたのだと思います。
 いい加減焦れたらしく、強攻策を取った、というのが恐らく真相でした。
 ともあれ。

『#$%%#!!!!』

 よくわからない甲高い音と共に、浮島自体がずしんと揺れました。
 周囲の水が波打ち、荒波に揺られる船のように浮島が揺れます。
 ちょうど膝を突いて項垂れていたので、四つん這いになることで揺れをやりすごします。
 地震大国出身を舐めないでいただきたいです。不意の震動に対する心構えは万全です。
 震度にしてみれば3か4というところでしょう。これくらいは日常茶飯事です。
 というのはさておき。
 私は声のした方を見ました。意味はわかりませんでしたが、声だとはわかったからです。
 その方向とは、浮島の中央。
 このドーム状の空間そのものの中心地点。

 高さ数メートルの円柱の中に閉じ込められた人が、こちらを見ていました。

つづく

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その2


「地底湖……でしょうか? 広いですね……」

 水場はちょうど私の胸下くらいの深さです。それがドーム状の空間に広がっています。
 ドーム並の広さがあるので、相当広いです。
 明かりがないように見えるのですが、端まで見通すことが出来ていました。
 どうやらこの水そのものがわずかに発光しているようなのです。
 身体に害があるのではないかと思いましたが、すでに頭から浸かっています。
 いまのところ身体に異変はないですし、無害だと信じましょう。

「どこから外に出れば……ん?」

 見回していると、ドーム状の空間の中央付近に、浮島みたいなものがあることに気づきました。中心に高さ数メートルくらいの柱?のようなものも見えます。
 本来なら端に向かっていくべきかもしれませんが、距離的に中心の方が近そうでしたし、まずは一度水から上がりたかったので、そちらを目指します。
 胸の下辺りまで水に浸かった状態だと、かなり歩きにくいのですが頑張りました。
 無事に中央の浮島に到着し、水からあがることができました。
 ずぶ濡れになったバスタオルを一端外して絞ろうとして、その必要が全くないことを知りました。
 水から上がると同時に、バスタオルから水気が一瞬で抜け落ちたからです。

「ええっ!? ど、どうなって……?」

 触ってみると、乾きたてさらさらな感触が返ってきました。
 明らかに異常です。このバスタオルは確かに結構良い品物ではありますが、こんなばかげた速乾性はありえません。
 水滴が足下に落ちたので、頭に触ってみると濡れた髪の感触がありました。
 どうやらバスタオルだけが異常な速度で乾いているようです。
 試しにバスタオルの裾を使って頭を拭いてみると、まだ頭は濡れているのにバスタオルの方はあっという間に乾いてしまいました。

「どうなってるんですか、これ……?」

 バスタオルが異常な性能を発揮していると見て間違いありません。
 思えばいくら剥がれてしまわないように気をつけているとはいえ、ただ単に巻いているだけにも関わらず、ここまでバスタオルが剥がれていないのも妙な話です。
 試しに手を離して身体を捻ってみたり、ジャンプしてみたりしました。
 思った通り、バスタオルは外れそうになる気配を見せません。
 裾は翻るので下半身が丸見えになってしまい、恥ずかしいのは恥ずかしいですが。
 そう簡単なことでは外れないとわかったのはよいのですが、不気味なのも確かです。

つづき

バスタオル一枚で異世界転移 第一章 その1

 落下している間に気を失っていたみたいです。
 私は頭の中で鐘が鳴っているかのような衝撃の余韻を感じていました。
 同時に身体が水に浸かっているような感覚を覚えます。
 どうやら水場に落ちたようで、水面をぷかぷかと漂っていました。
 鼻や口に水が入りそうになって、私は慌てて身体を起こします。
 幸い、いま私がいるところはそう深いところではないようで、足が水底につきました。

「げほっ、ごほっ……! し、死んでないです?」

 咳き込みながら頭上を見上げると、野球場のドームか何かの天井かと思うほど、遠くに天井が見えます。
 穴が空いているように見えるので、恐らくそこから落ちたことは間違いないようです。
 改めて身体の状態を確認してみましたが、痛むところはありません。
 水が上手くクッションになってくれたようです。
 バスタオルも無事でした。
 水に落ちた際に裾が広がって、水の中で胸から下が大公開になっていましたが、些細なことです。

(……あんなに高くから落ちたのに、良く無事ですね私)

 いくら水がクッションになったとはいえ……少し妙な気はします。
 もしかして『落下ダメージ』という概念がない世界とか?
 ゴブリンがいたくらいです。異世界に来てしまったのは間違いないでしょう。
 そうなるとその物理法則や何やらが私たちの世界と違うということは考えられます。
 ゲームに似た異世界、なんてそれこそ鉄板ですしね。

(ゲームみたいな世界なら、ステータス画面とかあってもいいですよね)

 もしもステータスが見られればこの世界のことを知る手がかりになるかもしれません。
 試しに手を翳して呟いて見ましたが、何の効果もありませんでした。
 この世界、ちょっと不親切すぎませんか?
 私がこの世界のことをよくわかっていないせいもあるのでしょうけども。
 説明役とか、そういうのがいてくれてもいいじゃないですか。
 転移するときには神様が直接説明してくれたり、そうでなくとも事情を知っている人が傍にいてくれるべきなのではありませんか?
 とはいえ、ないものねだりをしていても仕方ありません。
 私は気持ちを切り替え、周辺の探索をしてみることにしました。

つづく

バスタオル一枚で異世界転移 序章 3

 全力で逃げました。ええ、それはもう全力で走りましたとも。
 そんなに詳しくない私にだってわかるんです。あれは確実に話が通じない相手だと。
 バスタオル一枚の格好で、全力疾走することになるとは思いませんでした。
 裾がはためいてかなり危ないところまで丸見えになっている自覚はあります。
 普通なら、恥ずかしさのあまり燃えるように頬を熱くしていたことでしょう。
 けれどもその時の私には――血の気が引く感覚しかなかったのです。

「「「ギャギャギャギャッ!!!」」」

 だって後ろから引き潰れたカエルの鳴き声よりも、醜い怒号が飛んでいるのですから。
 あれに追いつかれた時、自分がどうなるかなんて考えたくもありません。
 私の脳裏には、彼らが涎を垂らしながら噛み砕いていた生肉の姿が過ぎります。
 その肉が自分の足やら胸やらになっている光景が、はっきりと予想できるのです。
 とにかくいまは逃げるしかありません。人生でこれほど必死になったのは初めてです。
 それでもバスタオルだけは無くさぬよう、胸のあたりの部分を握ってはいましたが。

「ギーッ!!」

 鋭い声と同時に、肩に衝撃が走ります。体勢を崩しかけましたが、なんとか耐えました。
 思わず背後を振り返ると、ゴブリンたちが拳大の石をこちらに向けて投げつけています。
 かろうじてそれを避けながら、肩に当たった衝撃はそれだと理解しました。
 幸いそれほど威力はないのか、軽い衝撃だけで済みましたが危ういところでした。
 もし転倒していたら……と考えると血の気が引く感覚がさらに強くなります。
 目印を作れそうな石はぜひとも欲しいものでしたが、そんなことは言ってられません。
 とにかく逃げるだけで精一杯です。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」

 けれど、緊張と恐怖で早くも息が上がってきてしまいました。
 ただでさえ走るのに向かないバスタオル一枚の格好で神経を削られているのに。
 その上、捕まったら一巻の終わりな襲撃者との追いかけっこ。
 長く走り続けられるわけがないのです。
 そもそも、私は陸上部出身でも何でもないんです。
 走るのが得意というわけでもありません。
 助けを呼びたかったのですが、ダンジョンで意味があるとは思えませんでした。
 とにかく走る。それしか出来ない私は、がむしゃらに走った結果――

「ひっ……!」

 またあの目玉の通路に差し掛かってしまいました。周囲の壁や天井から目が出現します。
 思わず足が竦みかけましたが目玉は無害なので、ためらっている場合ではありません。
 目を合わせないようにしつつ、私はその通路を駆け抜けます。
 偶然戻ってきてしまっただけでしたが、ある意味これは幸運でした。
 さすがのゴブリンたちもあの目玉の通路には驚くはずです。
 追いかけるのを諦めてくれれば最高ですが、追う足が鈍るだけでも十分です。
 石像の地帯も抜け、角をいくつか曲がったところでようやく立ち止まります。
 ぜえぜえと肩で息をしながら後ろを振り返りますが、追ってきている気配はしません。
 足音もしません。どうやら逃げ切ることに成功したようです。

「ふー……こ、怖かったです……」

 ゲームでは序盤の雑魚敵であるゴブリンが、あんなに恐ろしいとは思いませんでした。
 追いかけてくる醜悪な顔が、しばらく忘れられそうにありません。
 これからはもっと慎重に行動しなければなりません。
 部屋を物色したかったのですが、なるべく入らない方がいいのかもしれませんね。
 私は走ったことで乱れていたバスタオルを、改めてしっかり巻き直します。
 これを失ったら全裸でダンジョン内を歩かないといけなくなります。
 それだけはごめんでした。

「よし……いきましょう……!」

 気合いを入れ直した私は、もうあんな危険な目に遭いませんようにと願って歩き出し。
 突然踏みしめるべき床がなくなったことに気づきました。
 声をあげる暇もありません。
 いつのまに開いたのか、足下が奈落へと開いていました。
 とっさに床の縁を掴むとか、そんなことすら考えられず。
 私は奈落の底へと落ちて行ってしまったのです。

つづく 

バスタオル一枚で異世界転移 序章 2

 ひた、ひたと私が裸足で歩く足音が岩壁に反響して響いています。
 あんなわざとらしい空間や台座、扉、階段まである時点でわかっていましたが、この洞窟は自然の洞窟ではないようです。かといって、コンクリート造りの人工物とも違います。
 いわゆる、ダンジョンと呼ばれるもの……それに間違いないでしょう。
 細長いまっすぐな道が、時折枝分かれしながらも先の方まで続いています。

「うう……何も出てこないでください……」

 私はバスタオル一枚の格好でそうぼやきました。
 モンスターに出会いたくもありませんが、普通の人にも出会いたくありません。
 とにかくまずは身体を隠せるものが欲しいと思いました。できれば衣服。いっそカーテンみたいな大きな布でも構いません。
 しかし、洞窟の中にそんな都合のいいものは存在しません。ダンジョンというからにはもっと色々あっていいと思うのですが。
 友好的な人に出会えれば服くらい貸してもらえるかもしれませんが、問題はそうでなかった人に出会った場合です。

「危ない人に出会いませんように……」

 私はそう祈りながら歩いていました。
 そうして、歩き出して暫く経った頃。
 誰かに出くわすこともなく、私は延々通路を歩いていました。
 最初はおっかなびっくり背中を丸めて歩いていましたが、さすがにこうも何も起こらないと警戒する気も失せてきます。
 バスタオルがはだけないように気をつけつつも、普通に歩くようになっていました。
 やがて私は、同じ場所をぐるぐる回っているのではないかという気がしてきました。

「目印も、何も作れませんしね……」

 この洞窟、小石のひとつも落ちていないのです。
 そのおかげで足に怪我をせずに済んではいますが、結果として壁や床に印を付けることもできず、延々と歩くことしかできませんでした。
 結構な距離を歩いたとは思うのですが、本当に前に進んでいるのかどうか。
 私が不安に思いだした頃、ようやくいままでとは違う雰囲気の場所に着きました。
 なにやら道に像が置いてあるのです。思わず身を竦めつつ、それに近付きます。

「何でしょうか、これ……?」

 それは変わった石像でした。
 ヘビと人を混ぜ合わせたような姿をしています。ゲーム風にいうと……リザードマン、というものだと思います。
 普通に服のような物を着ていますし、剣や盾といったもので武装しているようにも見えます。ただ、それらは全て石で出来ており、精巧な石像という風情です。
 は虫類の表情はわかりにくいですが、なにやら何かに気づいて驚いているような印象を受けます。
 そんな石像が、道なりに軟体も置かれていました。

「んん……? これは何を示唆しているのでしょうか……?」

 気味悪く思いながら、リザードマンの像たちの横を通り、さらに先に進もうとしました。
 その時です。
 周囲の壁や天井に、大きな目玉のようなものがいくつも出現したのは。
 これでもホラーには耐性がある方ですが、さすがに突如周囲に現れた目玉の群れには心臓を鷲づかみにされたような衝撃を受けました。

「きゃあああああああ!!!」

 悲鳴をあげてしゃがみこみ、どれほど意味があるかわからないまま、両手で頭を抱えて縮こまります。
 ぎゅっと目をつぶって、これから起きる何かに耐えるつもりでした。
 しかし、いつまで経っても何も起きません。恐る恐る目を開けて、腕を退けてみます。
 目玉は気のせいなどではなく、周囲の天井や壁に現れたままでした。
 じっとりとした視線を私に向けてきています。

「な、な、なんなんですか……?」

 そう呼びかけたところで、目玉だけのそれが応えてくれることはありません。
 ただ、じっとこちらを見つめてくるだけです。私はしばらくその場にへたり込んでいましたが、目玉たちが何もやって来る様子がないとわかると、少し冷静さを取り戻すことができました。
 いまだに心臓はバクバク鳴っていますが、身体の震えは止まりました。
 ゆっくり立ち上がり、少しはだけてしまったバスタオルの裾をきちんと直します。

「な、何もしてこないでくださいよ……?」

 恐る恐る、再び道を進み始めます。目玉たちの視線が私の移動に合わせて動きました。
 あまりの異常さに意識する暇もありませんでしたが、歩き出してしばらくすると、その視線の多さに、居心地の悪さを感じ始めてしまいました。
 ほとんど裸同然で、異形のものからとはいえ、視線を浴びせかけられる状況。
 こんな格好で人前に出たことなんてもちろんなく、私は針のむしろに立たされているような心境でした。
 ちくちくとした感覚すら感じるくらいです。

「うう……恥ずかしい……」

 目玉だけということで不気味さが先に立ち、多少は羞恥も軽減されていましたが、やはりじろじろ見られるのは恥ずかしいです。
 私は急ぎその道を通り抜けることにしました。
 やがて目玉の通路が終わり、ようやく目玉たちの視線から逃れることが出来ました。
 恐る恐る後ろを振り返ると、目玉がゆっくりと瞼を閉じるように、再びただの壁になってしまったところでした。

「な、なんだったんでしょう……とにかく、無事抜けられて良かったです……」

 安堵の息を吐き、私はさらに先へと足を進めます。
 やはり何もない通路が延々と続いていました。
 私の歩く音だけが通路に響いています。そろそろ、部屋とかあってもいいと思うのですが。
 そんな私の祈りが通じたのか、小さなドアがあるのを発見しました。あの石作りの巨大なものではなく、私の力でも開けられそうな、木製の小さなドアです。
 石で出来た洞窟に、木で出来たドア。一昔前RPGかというような雑な作りでした。

「やっぱり、何らかのゲーム世界、なんでしょうか……?」

 最近流行の小説では、主人公が遊んでいたゲームと瓜二つの世界に紛れ込んでしまう、というのが多いらしいですし。
 でも私は腕輪を装備してダンジョンに潜る、というゲームをやった覚えがないのです。
 やったことがあれば、そのゲーム知識を持ってどうすればいいのかわかったのかもしれませんが。わからないものは仕方ありません。
 私はとりあえずその部屋に入って見ることにしました。
 着る物があればいいなぁ、という期待を込めて。
 扉は思ったよりも簡単に開いてしまいました。私は軽く押しただけのつもりだったのですが、思った以上の勢いで開いてしまいました。
 結論から言うと、部屋の中に服はありました。ただし――

「……ギギ?」「ギャギャ?」「ギー、ギー?」

 中身付きで。
 それも、その中身とは素敵な王子様でも頼れる騎士様でもなく。
 その醜悪な顔で、生の肉を喰らっている化け物たち――RPGの序盤で出てくる王道の敵、ゴブリンたちだったのです。

つづく

バスタオル一枚で異世界転移 1

 お風呂場を出たら、そこは薄暗い洞窟でした。

「いやいやいや、おかしいですよね?」

 私はバスタオル一枚だけ身に付けた姿で、そんな場所に立っている現実が信じられず、たったいま出てきたばかりの扉を振り返りました。
 そして、目を見開くことになります。

「お、大きい!? なんですか、これ!?」

 そこにあったのは高さ三メートルはあろうかという巨大な岩の扉で、見たこともない幾何学模様と文字が扉の周囲に彫られていたのです。
 どうみても、最近くたびれてきて開けづらくなった、我が家のお風呂場の扉ではありません。
 改めて周囲を見回して見ると、つるっとした岩肌も露わな洞窟が広がっています。私がいまいるところはドーム状の空間で、壁の一角にある扉の前に立っていました。

「あっちにも、扉がありますね……」

 その正面には、私が前に立っている扉とは別の岩の扉があり、扉と扉の間に挟まれる形で、ドーム状の空間の中心に台座、のようなものが見えます。
 壁もそうですが床も綺麗に磨かれているような状態で、完全な自然洞窟、というわけではないようです。
 お風呂上がりで火照った身体に、洞窟内の冷たい空気が触れてきます。

「うわ、ひんやりした風ですね……」

 このままでは湯冷めしてしまいそう、なんて頓珍漢な心配を思わずしてしまいました。
 まさかお風呂の中で寝てしまって夢でも見ているのでしょうか。それとも、立ちくらみで失神したとか?
 まず私はこの状況が夢であるという可能性を考えました。普通は誰でもそう思うと思います。夢かどうかを確かめるために頬をつねってみましたが、普通に痛かったです。

「いたた……夢、じゃないのでしょうか……?」

 どうやら夢ではなさそうです。
 それにしたところでこんな場所に移動している理由がわかりません。
 次に私は、目の前に見えている台座?のようなものの傍に行ってみることにしました。後ろの扉はどう考えても開きそうにありませんし、台座に何か文字が書いているというのは、ゲームなら鉄板です。

「……そう考えると、実にゲームっぽいですよね、この空間」

 私はゲームが好きです。女子らしくない趣味だと言われたこともありましたが、いまどきその考え方もどうかと思います。有名なファンタジー系RPGは大体プレイしています。クリアは……色々あってできていなかったりするのですが。要は下手の横好きという奴です。
 そもそも最近のゲームは属性やら耐性やら確率やら要素が多すぎです。こうげき、ぼうぎょ、すばやさくらいで収めておいて欲しいものです。
 現実逃避気味にそんなことを思いながら私は台座の前まで歩きました。

「うう……変な感じです……」

 その際、足下の冷たさに辟易しましたが、裸足で岩肌を歩いているにしては、一時的にひんやりとするだけで思ったより体温を奪われませんでした。
 明らかに空調設備などなさそうな洞窟ですし、実際にひんやりしている感じはするのですが、お風呂上がりだからそう感じるだけで、実際はそこまで寒くないのかもしれません。
 台座にたどり着き、その上を見てみます。
 台座にはまたも見たこともない文字が刻まれていました。

「……うん、読めませんね!」

 これではこの空間についてなにかしら書かれていたとしても読めません。詰みました。
 いえ、まだ諦めるのは早すぎます。
 台座の上には、腕輪のようなものが置かれていました。金色の金属のようなものでできていて、装飾などは一切ありません。リストバンドの金属版、という感じでしょうか。接合部があって、ちょっと力が必要ですが、その接合部同士を合わせるとぴったり筒状になるようになっているようです。直径が結構あるので、私だと二の腕辺りでぴったりになりそうな感じです。手首なら簡単に引き抜くことができそうです。

「この腕輪を身に付けろ……ということでしょうか」

 ゲームではこういう場合、この腕輪が入場証みたいなものになっていて、装備すればいままで開かなかった扉が開く、というのが鉄板です。
 きっとこの腕輪もそういうことなのでしょう。得体の知れないものを身に付けるという恐怖もありましたが、いまのままではどうにもなりません。
 私は腕輪を左手首に巻き付けます。とはいえ、大きすぎてぶかぶかなのですぐすっぽぬけそうですが。逆にいつでも外せそうなので安心です。
 そう思った瞬間でした。
 急に腕輪が小さくなって、私の腕の太さにぴったり合う太さになってしまいました。
 びっくりして取り外そうとしましたが、接合部がどこにも見当たりません。いくらぴったり合うといっても、切れ目くらいは見えそうなものなのに。

「ひえっ!? な、なんですかこれ!?」

 思わず叫んでしまいました。
 それに対して返答はもちろんありません。都合良く腕輪が喋り出して応えてくれたりはしませんでした。
 なんとか腕輪を外そうとしてみましたが、指を入れる隙間すらありません。幸い手首を動かすのに支障はない位置で止まっていてくれましたが、金属のずっしりとした重さが腕にかかっています。
 思ったより重く感じないのは、あまりにぴったりしているせいでしょう。

「なんなんですか、ほんと……家に帰りたいです……」

 意味不明な状況に泣きそうです。そんな私の呟きにも誰の反応もありませんでした。
 私は仕方なく、私が前に立っていたのとは反対側の扉の前に移動しました。腕輪は気になりますが、どうやっても外せない以上仕方ありません。
 バスタオルが落ちないようにしっかりと巻き付けておきながら、恐る恐る移動します。大きめのバスタオルにしておいて良かったとつくづく思いました。ちゃんと胸の上からお尻の下まで隠せているので、まだマシです。

「せめて、着る物があれば……」

 ノーパンとノーブラの感覚はどうにもなりません。
 扉の前まで来て改めて扉を見上げます。それは本当に大きな扉で、大きな岩をそのまま切り取ったような、切れ目一つ無い巨大な一枚の岩からできているようでした。
 さっきの扉と同じく、幾何学模様と謎の言語が彫り込まれています。
 とりあえず腕輪を付けた手で扉に触れてみます。すると、腕輪が光り、扉が半透明になって、そして消えてしまいました。

「……嘘でしょう?」

 明らかに私の知るどんな技術でもできないことが目の前で起きました。腕輪が私のサイズに合わせて収縮したのは、まあ、理論がよくわからないのは同じでも、なんとなくできるかもしれないという気はします。
 けれど、確かに目の前にあったはずの扉が、忽然と消えるなんてことはありえません。ホログラムか何かだったのかもと思いましたが、私の手には岩の扉に触れた時の感触がはっきり残っています。気のせいではありえませんでした。

「魔法……? いやいや、そんな馬鹿な……」

 扉が消えた先は、階段になっていました。下へと続いています。暗くて奥までは見えませんが、階段の左右には燭台が等間隔に並べられていて、降りていくことはできそうです。
 私は念のため、一度後ろの扉も調べてみることにしました。
 RPGでは新しい場所に進む前に、いまいるところの細かな部分の探索は鉄板でしたし、今回の場合はそっちの扉が開けばお風呂場に帰れるかもしれません。
 物は試しに、と扉に触れてみましたが、残念ながら開きませんでした。どうやら先に進むしかないようです。

「……ええい、女は度胸です!」

 私は覚悟を決め、バスタオル一枚に、腕輪をひとつ追加した、頼りない装備で階段を降りていきました。
 これが私の長い長い――そして、恥辱に満ちた冒険の始まりだったのです。


つづく
 
 

透明露出プレイ その6 おわり

 ここまでやめておけば、まだだらしがない程度のこと。
 夏の暑い盛りなど、部屋では下着姿で過ごしているという話を、同級生の子たちがしていたのを小耳に挟んだことがある。
 その時私は「だらしないわね」と思いはしたけど、暑い時期のことだったから彼女たちの気持ちが理解できなくはなかった。だから、そこまでその子たちを異常だと思うことはなかったわ。
 けれど、今の私は暑いわけでもなく、むしろ肌寒いくらいなのに、部屋の中で下着姿になっている。あの子たちより、私の方がよほど異常だ。
(……やっぱり、やめよう)
 私はそう思ってこのまま脱衣所に向かおうとした。いまならまだ「お風呂に入ろうとして先走って部屋で服を脱いだだけ」という言い訳が私の中で出来るから。
 それに意味があるのかないのかわからないけど、私自身をごまかせる。
 脱いだ服を手に取り、お風呂場に向かおうとして――電話が鳴った。
 不意打ちにもほどがあって、心臓が止まるかと思った。私の知らない着信音。机の上に置いてある自分の携帯電話を見れば、それは着信を告げていない。
 じゃあこの着信はどこから?
 私が音のする方を探してみると、さっき夢衣奈さんが座っていた椅子に、知らない携帯電話が置かれていた。
「……忘れ物?」
 私の知らない連絡先の表示が出ている。どうしよう。
 勝手に出るわけにはいかない。かといって、放置していていいのだろうか。
 まだ学生の私には良くわからないけど、緊急の仕事の電話だったとしたら、あとで夢衣奈さんがすごく怒られることになるんじゃないかしら。
 着信は鳴り止まない。よほど大事な用事なのかもしれない。
 仕方ない。
 私は意を決して、夢衣奈さんの携帯電話を手に取った。
「はい……もしもし」
『あっ、やっと通じた。夢衣奈? 私よー』
 相手は女の人のようだった。呼び捨てにしているところを見ると、友達だろうか。どことなく、酔っているような気配がする。
 私は夢衣奈さんではないことを伝えようとしたけど、相手の人が間髪入れずに喋り出してしまい、思わず言葉を飲み込んでしまった。この辺り、対人関係の経験の少なさが仇になった。
『いやー、この前は旅館の紹介ありがとね! おかげですっごく充実した温泉街露出を堪能できたわ!』
「……!?」
 聞こえてきた単語に、思わず息を呑む。
 いま、この人はなんていったの?
『でも、色々トラブルも多くてね。一緒に行った子のこともあるし、ドキドキしっぱなしで! でもやっぱり、露出っ子の先輩として余裕は見せ付けたいじゃない? だから、がんばっちゃったわよ私。あの子が一緒だったから心強い面もあったけど、それでも矢面に立つべきは私だしね。ああ、でも男の温泉客に囲まれた時は真面目に怖かったわね……』
「……ッ!」
『でも、なんとか警察沙汰にもならずに、存分に楽しめたわ! やっぱり自然の中の開放感はひとしおよねー。今度夢衣奈も行ってきたらいいわ! あ、それと写真撮影もしたからあとで送るわね。これがまた綺麗な写真が撮れたのよ。あの子も最初は恥ずかしがってたけど、あとの方はノリノリでね-。ほんとあの子の身体綺麗だから夢衣奈もぜひ会ってあげて欲しいわね。もちろん全裸でね! ふふふ。夢衣奈の住んでるところが遠いのが残念よ……近かったら、一緒に露出できるのにね』
「……う、ぅ」
『……? 夢衣奈-? どうしたの?』
「あ、あのっ」
 勇気を振り絞って声をあげると、電話の向こうの声が暫く沈黙した。
『あ、あれ? もしかして……私、間違えた……?』
 明らかに動揺している。声が震えているのがわかる。
「そのっ、夢衣奈さんの携帯であることは、ま、間違いないのだけど……ええと……私の家に、置き忘れてて……」
 どうしよう。取らなければよかった。
『……もしかして、安藤さん?』
 突然私の名前を言い当てられて、驚かざるを得なかった。
「……!? わ、私のことを、知ってるの?」
『…………』
 私の質問に対し、電話先の相手は少しの間沈黙した。
『こほん。安藤さん、はじめまして。私、夢衣奈の友人の水沼エミリと申します』
 急にトーンが変わった。
 いかにも大人の、落ち着きが感じられる声。
「は、はあ……安藤、響子です……」
『驚かせてごめんなさい。あなたのことは夢衣奈から聞いているわ。同じマンションに住んでいる方で、まだ学生なのに独り暮らしをしているのを心配して、夢衣奈が料理とか教えにいっているのよね』
「そ、そうなの……」
『素直で優しくて、とても可愛らしい方だと聞いているわ。妹が出来たみたいで嬉しいって』
「そんなこと……」
 夢衣奈さんが親しみを持って接してくれているのはわかっていた。それでも改めて別の人から聞くと、本当にそうなのだと実感が湧いて嬉しかった。
 こんな形でなければもっと嬉しかったのだろうから、そこは少し残念だけど。
『それで……その、あなたと夢衣奈のなれ初めも聞いてるわ。だから、言ってしまうけど、私と夢衣奈はいわゆる露出プレイ繋がりの友人でね』
「……っ」
『住んでるところが遠いから実際に会うことは少ないのだけど、さっきみたいに、お互いがしたプレイについて電話で話したりもするの。それで、ちょっといま私、お酒入ってて……その、勢い余って聞かせちゃってごめんなさい』
「い、いえ、気にしてないわ……です」
『あなたに迷惑がかからないように、夢衣奈にはちゃんと言っておくから――』

 その時。

 突然肩に手を置かれて、私は死ぬほど驚いた。
 驚いた拍子に取り落としかけた携帯を、私ではない誰かの手がかすめ取る。
 夢衣奈さんがそこにいた。なぜか額から汗を掻いていて、ものすごく焦った様子で申し訳なさそうに片手で謝る仕草をしている。
「ごめん! 勝手に家にあがってごめん! もしもし、エミリ? ごめんあとでかけ直すから――」
 夢衣奈さんは私に背中を向けながら、電話先の水沼さんに対して話しかけている。
 私は唖然としつつ、ふと、自分のいまの格好を想い出した。
 顔に熱が集中するのがわかる。遮二無二、脱衣所に駆け込んだ。
 中に入ってドアを閉める。全力疾走をしてもこうはならないというほど、心臓が跳ね回っていた。
 しばらく動けなかった私に、脱衣所のドアの外から夢衣奈さんが声をかけてくる。
「響子ちゃん、勝手に入ってごめんなさい! 携帯を忘れたのに気づいて、取りに来たんだけど、中で響子ちゃんがエミリと話してるのが聞こえて来ちゃって、エミリとの関係が関係だから、慌てて入っちゃったの。鍵が締まってなかったから」
「え……?」
(いや、確かに締めた……締めたわよね?)
 私は夢衣奈さんが帰った時のことを思い返す。いつも通り玄関先まで見送ったのは間違いない。鍵を閉めたかどうかは、はっきりと思い出せなかった。
(よりにもよって、こんなタイミングで閉め忘れたのかしら。……最悪だわ)
「ええと、その、タイミング悪くお風呂に入ってる時に鳴っちゃったのよね。ごめんなさい。次から忘れないように気をつけるわ」
「…………あ」
 そうか、夢衣奈さんから見ればそう考えるだろう。まさか部屋の中で服を脱いでいたとは思わないはず。そう考えると、少し気が楽になった。
「私、このまま帰るから。お風呂に入り直す前に玄関の鍵だけ閉めてね。あと、体も冷やさないで」
「……ええ、わかったわ」
 おやすみなさい、という夢衣奈さんがドアの前から離れ、玄関から外に出て行くのがわかった。私は取り急ぎ服を着ようとして、それがリビングに置いたままであることに気づく。
 リビングで服を脱いでいたという証拠が残っていたことに、私は今更ながら気づいた。
(い、いえでも……夢衣奈さんも部屋の中を見渡すような余裕はなかったはずよね……大丈夫……大丈夫……)
 私は自分で自分に言い聞かせながら、バスタオルを身体に巻き、玄関の鍵を施錠しに行った。
 かちゃん、とちゃんと鍵がかかったことを確認する。
(鍵を閉め忘れるなんて……気が緩んでいる証拠ね)
 確かに夢衣奈さんを送るとき、その直前に聞いた話に気を取られていたのは事実だ。だからうっかり忘れてしまったのだろう。
 私はようやく落ち着いてきた気持ちを、務めて鎮めつつ、改めてお風呂に入りに浴室へと向かった。
 ドキドキする胸の鼓動は、驚きによるものだと言い聞かせながら。



 自分の家に入るなり、私は膝から崩れ落ちた。
「やってしまった……! なんてタイミングが悪いの! エミリの馬鹿! もう!」
 苛立ちを拳にして床にぶつける。この時ばかりは近所迷惑とか考えていられなかった。
 まさか携帯を置き忘れているとは思っていなかった。
 しかもエミリからの電話が、よりにもよってこのタイミングでかかってくるなんて!
 おまけに普段は落ち着いているエミリが酔ってて、相手も確認しないうちから露出プレイの話をし始めるなんて、どんな確率だろう。
 運命の神様を呪わずにいられない。
 なんで私の計画はいつもいつも上手くいかないのか。
 響子ちゃんがどう思ったのか、知るのが怖い。
 ようやく初対面の嫌悪感も打ち消して、ここからじっくりゆっくり露出ッ子に引き込んであげようと画策していたというのに、全部台無しだ。
 さらに、焦っていたから仕方ないとはいえ、透明化の能力がバレかねないことをしてしまった。
「ああするしか透明化を解除できなかったとはいえ……!」
 防犯意識の高い響子ちゃんは鍵を締め忘れてなどいなかった。私が内側から鍵を開けたのだ。
 響子ちゃんがリビングで服を脱ぎ始めた時、私は透明化の能力を使ってリビングにいた。あの話をしたことから、響子ちゃんがリビングで服を脱ぐんじゃないかと考えて。
 そして実際、響子ちゃんは服を脱ぎだした。
 残念ながら下着姿で踏み留まってしまったけど、一歩目を踏み出させることに成功したと喜んでいたのに。
「部屋の外で通話の内容が聞こえるわけないでしょーが! 地獄耳にもほどがありすぎるわ! 仮に聞こえたとしても、チャイムも鳴らさずに家にあがりこむとか、不自然極まりないでしょ!?」
 冷静に考えれば考えるほど、無茶苦茶だ。確実に響子ちゃんに変に思われた。
 まさか、こんなトラブルに見舞われるなんて。
「あー! もー! エミリの奴ー! 絶対許さないんだから!」
 八つ当たりであることは重々承知の上で、私はエミリに対して一言文句を言ってやろうと電話をかける。
 大体、エミリはズルい。
 偶々街中で出くわした女の子を、大した苦労もなく露出っ子に引きこんじゃったんだから。
 それも、一緒に露出旅行に行くほどの仲にまで発展したというんだから。
 響子ちゃんにもそれくらい露出っ子の素質があったら、私はどんなに楽だったか!
『もしもし? 夢衣奈? ……ごめんなさい』
 気まずそうなエミリの声が、電話機の向こうから聞こえてきた。
「エミリーッ!! このおばかーッ!! もー! これで響子ちゃんに嫌われたらどーしてくれんのよー!」
 それからしばらく、エミリに向けて愚痴をぶつけた。
 私のそんな完全八つ当たりの愚痴を、エミリは大人しく受け止めてくれたのだった。


透明露出プレイ その7に続く

[ 2018/06/06 19:12 ] 透明露出プレイ その6 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その6 4

 監視カメラもない、外から見られるわけもない、他に誰もいない。
 だからこの感じる視線は気のせい。その、はず。
 いまからしようとしていることを意識しすぎているのかしら。
 私は一人で暮らすには広すぎるリビング。テレビも何もつけていないから静まりかえっている。
 私が息を吐いて吸う音だけが響いている。普段なら意識もしないようなことが気になる。
 どくん、どくんと心臓の鼓動が早くなっているのがわかった。
 滅多に感じない、頬に熱の集まる感じ。冬場に運動したばかりのような高揚感があった。
「……ふー」
 細く、長く息を吐く。
 確かめてみよう。どんな気持ちなのか。どんな感覚なのか。
 私は自分のシャツのボタンに指をかける。部屋で服を脱ぐのは毎日で、着替えるだけならいつものこと。
 けれど、リビングで服を脱ぐという行為自体、私はしたことがなかった。
 夏場の暑い時は冷房を適切に使っているから薄着になることすらあまりない。
(……本当に、変な感じね)
 胸が高鳴る。これは緊張からくるものなのかしら。
 それとも、非日常的ないまの状況への不安?
 わからない。
 私は全てのボタンを外し、はだけた状態の自分の身体を見下ろす。
 飾り気のない下着に包まれている隆起した胸。普段日にさらすことがないからか、必要以上に白く、部屋の光りを反射して余計に白く見えるお腹。
 ゆっくり肩から袖を抜き取っていく。これでほとんど上半身裸になってしまった。
 寒いわけでもないのに、肩に空気が当たる感触に身体が震える。
(やっぱり、これで開放感を得られるとは思えないのだけど……)
 まだ上半身の服を脱いだだけとはいえ、得られている感触はあまり良くない。どうしてこんなことを、という違和感がやはり強い。
 それでも、ここまでやったのだからと、私は今後は下の服に手をかけた。スカートのホックを外し、ファスナーを下げる。
 思ったより、私は緊張していたみたい。
 ファスナーを下げきったところで、私は勢い余ってそのままスカートから手を離して、スカートが足下に落ちていった。
 足の周りにあった布の壁が消失する感覚。薄布一枚でも全然違うというのを、改めて意識する羽目になったわ。
「……っ」
 思わずあがりそうになった声を堪え、私はスカートを脱ぐために曲げていた身体を伸ばす。その時、私は下着姿でリビングに立っていた。
 十分変な自分の格好。こんなところを人に見られたら、相当だらしない人間だと思われることでしょう。
 見られているはずもないのに、どこからか見られているような感覚がする。
 思わず足をすりあわせ、両腕で胸を庇った。
 あと全裸まで残り二枚。
 私は脱ぐべきか、もうやめておくべきか、強い葛藤を感じていた。

つづく
[ 2018/06/04 22:47 ] 透明露出プレイ その6 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その6 3

 見られている、気がする。
 私は夢衣奈さんが帰って独りになった部屋で、不思議とそう感じていたわ。誰もいないはずなのに、どこかから視線を感じることが増えたの。
 それは私が気にしすぎなのか、それとも夢衣奈さんに教えられたことが関係しているのか。
 私はまず疑念を払拭するため、夢衣奈さんからもらったとある機械を手に取った。
 それはいわゆる監視カメラや盗聴器などを見つけるための機械ね。このマンションはセキュリティがしっかりしているから不在中に忍び込んだり、ましてやその類いのものが設置されていたりするはずもないはず。だから私は正直それまでそういうものを警戒していなかったの。
 けれど夢衣奈さん曰く、悪意のある相手はどこでどう仕掛けてくるかわからないから、定期的に調べた方がいいという。
 納得した私はその機械で定期的に部屋を調べていた。いまのところそういったものが取り付けられていたことはないわ。
 今回、私はそのための機械を自分でも買ってきていた。
 夢衣奈さんのことを疑うわけではないけど……いえ、この行動がすでに疑っているわね。
 今回買ってきた機械は、夢衣奈さんがくれたのとは別の機種のもの。
 私は機械に詳しくないからそういうことが出来るのかもわからないけど、機械に何かしらの細工をして夢衣奈さんが自分で仕掛けた監視カメラや盗聴器には反応しないようにしていたら、これでその存在はわかるはず。
 思い返せば、夢衣奈さんの言動には妙に正しすぎる時があったのよ。
 その時私が抱えている悩みや危惧に正確に答えてくれていた。それは大人の余裕というか、経験値によるものだと思っていたけど、よく考えるとあまりに正確すぎる気がしたのよね。
 もしかすると、カメラや盗聴器とかで私の生活を監視しているのかもしれない。
 なにせ、あんなことをやるような人だ。警戒するに越したことはないはず。
 私はそう思って部屋の中を一通り調べた。二つの機械で調べた結果、特に問題はなさそうだった。
(やっぱり、私が気にしすぎているだけ……なのかしら)
 視線には敏感な方だ。学校でも道を歩いていてもなぜか何かと視線を向けられることは多い。
 好意であれ悪意であれ、視線というのは割と明確に伝わってくる。
(外から直接監視されてる……ということもないはずよね)
 このマンションの向かいにこの部屋を覗けるほど高い建物はない。
 遙か遠くにならあるけど、そんなところからはっきり見えるとは思えないし、そもそもカーテンを引けば視線は遮られる。
(意識しすぎ……なのかしら)
 視線を意識しすぎるあまりの過剰反応ならいいのだけど。
 私は溜息をついてためておいた食器を片付けることにした。スポンジに洗剤を適量つけ、汚れの薄いものから順番に洗っていく。ひとつずつ水で流すのではなく、一端脇において一気に流す。
 この洗剤の量も、洗う順番も、夢衣奈さんに教わったわ。それまでの私はそのことを意識することもなかった。思えば無駄な洗剤を使っていたし、無闇に汚れを拡大させていたわね。
 けれど……仕方ないじゃない。
 本来そういうことを教えてくれる母親は、私にはいなかったのだから。
 野菜の選び方、切り方、料理の手順。そういったものを教えてくれる夢衣奈さんは本当にありがたい存在だった。
 最初の出会いは最悪だったけど、普通に接する限り、夢衣奈さんは普通にいい人、だと思うわ。
 目上の人に対してどう接したらいいのかわからない私は、かなり失礼な態度になっている自覚はある。けれど、夢衣奈さんは特に怒る様子も不快に思う様子もなく、自然体で接してくれていた。かといって放置するでもなく、それとなく敬語の使い方や振る舞いの作法を教えてくれている。
 とても、ありがたい。
 だからこそ、私にはあの人が露出狂の変態だという事実が不思議で仕方なかったわ。
 私のイメージでは、露出狂の変態というのはもっと、周りの迷惑も顧みずに自分の気持ちいいと思っていることをする社会不適合者だったから。
 実際、夢衣奈さんに会ってすぐ、露出狂について調べてみたけど、どれも公共の場所で嬉々として晒しているような変態の情報ばかりで、見ていてかなり恥ずかしくなった。同じ女性とも思いたくなかったくらい。
 きっとあの人たちは頭のおかしなキチガイなのだろうと結論付けた。
 正直なところ、言葉も通じない異常者であると思っていたわね。
 けれど、普段の夢衣奈さんから受ける感じは、そういう人たちとは全然違っていて、私は露出狂というものがいまいちよくわからなくなったの。
 迷惑なのは事実。
 あんなことをしている人が同じマンションに住んでいる、なんてことが知れたら、同じ女である私などは特に変な目で見られるのが想像つく。
 ましてや私の場合、いまでさえ大して関わりのない人に「調子に乗ってる」だの「お高くとまっている」だの陰口を言われることがあるくらいだ。
 そこにそんな噂の種が植えられればどうなるか。
 悪意を持って「安藤響子は露出狂の変態だ」とか、事実と異なる噂を流されるだろうことは目に見えている。
 そんなことになっては転校も考えなければならなくなるかもしれない。
 そしてそうなったとき、私を守ってくれる大人は……親はいない。
 だから出来れば夢衣奈さんには露出行為を止めてもらいたい。それが私の最初に考えていたことだった。
 どう話しを切り出していいのか迷っていたところに、運良く話しの流れで夢衣奈さんがどうして露出行為をするのかを聴けたのは収穫だった。
 けれど聴けた理由は想像していたようなものとは少し違って、夢衣奈さんも好き好んで破滅したいと考えているわけではないようだったわね。
 どうしても私の想像だと、露出狂というのは女の子とか子供の前に立ちふさがって、コートの中の裸を見せ付けて去って行く、というようなステレオタイプの物が浮かんでしまっていたの。
 夢衣奈さんはそうではないという。
 露出狂にも色々あって、その欲望の発露のさせかたも様々だと。
 部屋の中で全裸になるだけで興奮する人もいる、なんていう事実は私の想像の埒外だった。どうしてそれで興奮するのかわからない。脱衣所で裸になるのと何が違うのというの。

 やってみれば――わかるのかしら?

 私は何気なく自分が考えたことに、背筋が凍る感触を覚える。
 食器の片付けを終え、水道を止めた。音が消え、家の中が静まりかえっていた。
 誰もいないリビングに戻り、私はカーテンもしっかりしまっていて、誰もいないことを確認する。
 それなのに、なぜか誰かに見られている気がした。

つづく
[ 2018/06/03 22:49 ] 透明露出プレイ その6 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その6 2

 このようにして、私は響子ちゃんとじっくりと仲を深めていった。
 カボチャ料理に始まり、様々な料理を教えるという体で何度も彼女の家にお邪魔し、透明化能力もフルに使って把握した彼女の密かな悩みごとをさりげなく解決に導いたりしつつ、「露出狂の変態」から「近所の頼れるお姉さん」くらいの位置取りに成功した。
 彼女は結構気むずかしく、もし透明化の能力がなかったらこうは上手く行ってなかっただろう。けれど透明化の能力があったおかげで、ずいぶんと仲は進展していた。
「響子ちゃん、いま帰り?」
「夢衣奈さん。こんにちは」
 名前で呼び合い、街中で会って自然と挨拶してくれる程度には。
「ちょうど良かった。これからスーパーの特売品を買いに行くんだけど、付き合ってくれない? 限定品を確保したいの」
「ええ、大丈夫。行きましょう」
 名前で呼び合い、普通に接するようになっても、響子ちゃんの調子はあまり変わらなかった。
 こっそり観察してわかっていたことだけど、響子ちゃんは裏表というものがあまりないらしい。学校の先生に対してもこんな調子だから、人によって態度を変えられない不器用な子なのだろう。
 そんな響子ちゃんの話し方の中でも、私は結構柔らかめの口調で接してくれていると思っている。
 最初の頃の、過度にぶっきらぼうな話し方は、私のことが「露出狂の変態」という認識だったのだから仕方なかった。
 いまでは料理を教える立場になったし、あれ以降、私がああいうことをしているところは響子ちゃんは見ていないため、この変化はある意味当然だ。
 私は歳の離れた妹が出来た気分でいたし、彼女にとっても、似たようなところはあると思う。
 響子ちゃんと一緒に買い物に行って、野菜の選び方とか細かなことを教えつつ、私はそろそろ次の段階に進んでもいいと考えていた。
 すなわち、響子ちゃんを露出ッ子の道に引き込むという段階に。


 その日の夕食は、響子ちゃんの家で料理を教えるついでに、一緒に食卓を囲んでいた。
 一緒にご飯を食べるという行為は仲を深める上でとても重要なことだ。最初は料理したものの味見を兼ねて……という建前だったけど、いまでは自然と一緒に食事を取るようになっていた。
 私はいつも通りに世間話をしながら食事を進めつつ、機を見てそのことを切り出す。
「そういえば、響子ちゃんに助けられてから一ヶ月は経つのね……時間が経つのは早いわ」
 何気ない時候の話に合わせて口にしたから、不自然さはなかったはずだ。響子ちゃんはぴくりと反応したように思えたけど、すぐに「そうね」と返してくれた。
 慎重に響子ちゃんの反応を見つつ、さらに続ける。
「あのときは驚かしてごめんね」
「…………いえ」
 響子ちゃんが何か言いたそうにしているのを、私は敏感に察した。すぐに聞き出したかったけど、焦ってはいけない。
 言葉では何も言わずに、視線だけで彼女の言葉の先を促す。
「…………め、夢衣奈さん」
「んー?」
「その……いまも、ああいうことやっているの?」
 想定していた中では良い方の質問だった。私は内心の高揚が伝わらないようにしつつ、平静を意識して答える。
「あそこまで危険なことはしてないから安心して」
 この答えは、あのときほどのことはしていないけど、いまでも露出プレイ自体はしているという意味でもある。
 当然彼女がその意味に気づかないはずがなく。
「……どうして、するの?」
 あれだけ危険な目にあったのに、と彼女の目が言っている。
「どうして、かぁ……そうだねぇ……どうしてかなぁ」
 彼女をこっちの道に引き込もうとしておきながらどうかと思うけど、それは私自身も不思議に思っていることだった。
「強いて言うなら……解放されたい、すべてをさらけ出したい……そういう欲求かな」
「さらけ出したい……」
 ぽつりと響子ちゃんが反芻する。
 彼女が反芻したキーワードに、私は彼女が露出に惹かれている理由がわかった気がした。
「露出プレイにも色々あってね。プレイをする皆が皆、誰かに見てほしい、ってわけじゃないのよ。少なくとも私はそう」
 これは、半分は嘘だ。私自身には「誰かに見て欲しい」という願望もある。
 けれど私が推測するに響子ちゃんはそうではない。いまの響子ちゃんにそのことを正直に言うのは、興味よりも拒否感が勝ると判断した。
 まずは彼女をこちらに引き込むために、彼女の願望に合わせた話から入る。踏み込みすぎてもいけない。かといって退きすぎても、彼女をこちらには引き込めない。
 ある意味、露出プレイをしているときのような綱渡りのドキドキ感を覚えていた。
「人によって露出をする意味は色々だから……例えば、そうね」

「絶対安全な家の中で裸になるというだけでも――興奮する人はいるんだよ」

つづく
[ 2018/06/02 21:39 ] 透明露出プレイ その6 | TB(0) | CM(0)

透明露出プレイ その6 1


 同じマンションに住む安藤響子ちゃんは、露出に興味がある。
 興味がある……というと少し誤解を生みそうだからより正確にいうと、露出の素養がある、だった。
 というのも私が露出プレイ中に失敗して、響子ちゃんに助けられた日の翌日、彼女が露出プレイについてスマートフォンで調べているのを見たからだ。
 響子ちゃん的にはいままで露出プレイなんて考えもしたことがなかったはずで、それゆえに興味を持って調べたのだろう。彼女は眉をしかめながらも、頬を薄く赤く染めながら、かなり熱心に露出プレイについて調べていた。
 さすがにその場でオナニーをし始めるほどのことはなかったけど、その夜お風呂に入る際、裸になった彼女は一瞬何かを考えて動きを止め、顔を赤くしていたので、露出プレイを意識してしまっていることは間違いなかった。
 その姿を見て、私はかつての私を思い出したのだ。
 きっと彼女も露出プレイにハマる素質がある、と確信した。
 こんな近くに露出ッ子として仲間になれそうな子が、それもずば抜けての美人さんがいることに、私は運命の悪戯を感じずにはいられなかった。
 絶対に彼女をこの道に引き込んでしまおうという断固たる決意を固めていたのだ。


 夕方、響子ちゃんが家に帰る頃を見計らって、私は彼女の家を訪れた。
「こんばんは~。お裾分けしに来ました」
 このために特別に用意したカボチャを、いかにも『実家から送られてきましたよ』と言わんばかりの雑な袋に入れて持っていた。
「……どうも」
 響子ちゃんは好物のかぼちゃに目を輝かせていたけど、同時に料理下手な彼女に丸ごとのカボチャは荷が重すぎる。
 私はすかさず、袋の中に入れておいたメモを取り出した。
「おすすめの調理方法はここに書いておきましたから、作ってみてくださいね」
「……っ。わかった、わ」
 一瞬言葉に詰まったのは、彼女が自分で料理する自信がなく、また頼れる母親や友達もいないからだろう。
 それを透明化の能力を使って知っている私は、いかにもいま気づいたかのように言う。
「……もしかして、安藤さんは一人暮らしなんですか?」
「…………」
 応えないのが答えのようなものだった。
「うーん、ちょっと料理に慣れてない人には難しいかもですね……とっても美味しいんですけど」
 わざとらしいかなとは思いつつ、私は名案を思いついたとばかりに笑顔を浮かべる。
「そうだ、良かったら私が教えましょうか? どうせなら美味しく食べて欲しいですし。覚えてしまえば簡単ですよ? 今後カボチャ料理が作れるようになりますし!」
「……ッ、そ、それは……」
 悩んでる悩んでる。ここでさらに押すか、それとも退くか。
 重要な分岐だった。もっと押そうかと思ったけど、すんでの所で言葉を飲み込む。ここ数日の観察で響子ちゃんが結構プライドの高い子だというのはわかっていた。
 あまりこっちが主導権ばかり握っていると、意固地になって拒否する可能性が高い。
 ここは判断を彼女に任せる意味で、次の言葉を待った方がいいと察した。別にここで失敗しても、また次の手を打てばいいだけだ。最悪なのは彼女に悪印象を与えて、こちらの行動を頭から拒否されること。ここで焦ってはいけない。
 数十秒間の沈黙。
「…………その」
 果たして、彼女が呟いた言葉は。
「……お願い、できるかしら」
 ゆっくりとドアを全開にして、私を家に招き入れるという行為だった。
 思わず声が弾みそうになるのを堪えて、頷く。
「はい。任せてくださいっ」
 こうして私は、響子ちゃんの家に正面から堂々と入ることに成功した。

つづく
[ 2018/06/01 23:11 ] 透明露出プレイ その6 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。