FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

透明露出プレイ その5 2

 透明化拘束露出プレイに興じ、大失敗して人に情けをかけてもらって解放された日。
 家に帰り着いた私は泥のように眠り、夜中にようやく目を覚ました。
 一応軽くシャワーを浴びて汚れは落としたけど、筋肉痛なのか全身の至るところが痛く、しばらくは露出プレイもお預けになりそうだった。
「さすがにやりすぎちゃったものね……」
 基本家の中でも全裸で過ごしている私はベッドの上でごろごろしながら、一眠りしてすっきりした頭で、助けてくれた子のことを思い返す。
 ものすごく怖い子だった。学生ということは私より年下であろうにあの貫禄。出会った状況が状況だったけど、仮に普通に出会っていたとしてもあの威圧感に負けていたであろうことは想像に難くない。
「誰にも言わないでいてくれるよね……」
 噂になるのが迷惑だと言っていたのだから不用意に言いふらしはしないだろうけど、実際のところはどうなのだろう。変態に出くわしたと親に話せば、その親が抗議に乗り込んでくることも十分に考えられた。
「……そういえばあの子、何号室の子なんだっけ……」
 昨今引っ越しの挨拶もしない人は多い。私も引っ越してきた当初に左右と上下くらいには挨拶したけど、マンション全体にはしなかった。そもそも挨拶も簡単なものだったし、マンションの住民のほとんどを把握していないと言っていい。
 だからあの子が何号室に住んでいるかも全くわからなかった。向こうにはこちらがどこに住んでいるかまでバレているというのに。
「あれだけ強烈な印象だったし……覚えててもおかしくないんだけどな」
 もちろんあの状況そのものが強烈だったので、それまでは無難に挨拶や会釈程度で済ませていたのかもしれない。
 とにかく、あの子が何号室の子で、どんな交友関係を持っているのかは私の死活問題だ。そう色々と理論武装というか、言い訳を重ねた上で。
「三時間、透明に……なれ!」
 私は透明化能力を発動し、自分の姿を透明にした。自分の能力を最大限活用し、調査を行うことにしたのだ。
(まずはあの子が何号室か調べないと……学校に行っているのだとして、そろそろ帰ってくる頃だし、入り口で張り込みましょうか……あ)
 そこまで考えて、私は思わず裸で能力を使ってしまったことに気づいた。
(……まあ、いっか! 今日は拘束してないし、人との接触にだけ気をつければいいよね)
 調査が目的だったのだから、適当な服を身につけてから透明化すれば良かった。
 けれど、全裸で能力を発動させてしまったことだし、せっかくだから張り込むついでに露出プレイも楽しもうと思う。さっきしばらくは露出プレイをしないでおこうと思っていたことはこのときすでに忘れていた。
 こういう計画性のないプレイが痛い目を見る原因なのだけど、私は結局懲りていないのだった。
 開放的な風を感じつつ、私は部屋のドアを開けて外へと躊躇なく飛び出していく。

つづく
[ 2018/04/25 21:50 ] 透明露出プレイ その5 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ