FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

透明露出プレイ その7 2

 エミリに協力してもらって露出プレイをするにあたって、私が激しく興奮している理由には、露出プレイが久しぶりだということの他に、もうひとつ理由があった。
 それは、エミリが一緒だということは、透明化の能力を使えないということだ。
 実はエミリには私が持つ透明化能力のことは話していない。
 エミリを信用していないというわけではもちろんない。
 毎回露出プレイを一緒にするならともかく、たまにしか合わないエミリにそのことを話すのは、デメリットしか生まないと思ったからだ。
 私はいまだに自分以外の能力者に出会ったことはないけど、もしかしたら他にも能力者はいるかもしれない。エミリの立場からすれば、『自分の傍にもそんな能力者がいるかもしれない』と思い悩むだけだろう。
 仮にそんな人がいたとして、私みたいにある意味無害なことに能力を使っているとは限らない。もしかするともっと悪いことに使っている人がいるかもしれない。
 私という実例を知ってしまえば、そんな『かもしれない』危険に怯えなければならなくなる。
 だから私はエミリに限らず、出来る限り人に透明化の能力を教えることはしないでおこうと決めていた。
 響子ちゃんについては……うん、まずは彼女を露出っ子の道に引きずり込んでから考えようと思う。
 ともかく、そんなわけで私はエミリに透明化の能力のことをいうつもりはなく、それはいままでやってきたような、透明化能力に頼った露出プレイはできないということだった。
 透明化能力を使って、普通なら絶対にできないようなところで行う露出プレイもいいけど、エミリと一緒に行う露出プレイは別種の興奮があって好きだった。


 エミリと一緒に店を出て、しばらく街中を歩く。
 そうして歩いている間、夜風に当たっていたらお酒はだいぶ抜けていた。
 それでもお酒の影響が気になるのか、エミリはしきりに私の足元を気にしている。
「夢衣奈、大丈夫? あんまり酔っ払ってたらフォローしきれなくなるから中止よ?」
 安全を考えれば、酔っぱらっている人間の面倒を見たくないというのがエミリの本音だろう。それは私も同意見なので仕方ないと思う。
 酔ったふりして……というのは露出プレイの王道ではあると思うけど、本当に酔っぱらって脱ぐのはプレイではなく、単に自制が効いていないだけだ。
「大丈夫。目的の場所まではもう少し歩くんでしょ? それなら歩いている間に抜けると思うわ」
「無理はしないでね。ただでさえ危ないプレイなんだから……」
 解放感に伴う、『誰かに見つかってしまうかもしれない』というそのスリルがたまらないのだけど、本当にみつかって騒動になってしまうのは困る。
 エミリがいるから助けの手はあるとはいえ、それでもトラブルを巻き起こしてしまうことは本意ではなかった。
 冷静に深呼吸を繰り返しながら酒気を抜き、身体は興奮していても頭はクリアに務める。
 そう努力している間に、とうとう目的の場所へと着いた。

つづく
[ 2018/06/28 23:37 ] 透明露出プレイ その7 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。