FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

バスタオル一枚で異世界転移 第二章 3

 突如、後頭部に硬い物がぶつかりました。

 さほど痛くはありませんでしたが、その衝撃に驚いて私は文字通り飛び起きます。
 頭を抑えながら状況を確認しようとして、目の前にあのでっかい黒いドラゴンがいるのがまず目に飛び込んできました。
 思わず身構えてしまいましたが、ドラゴンは大人しくこちらを見ているだけです。
 私は開いてしまっていた脚を慌てて閉じつつ、改めて周囲を見渡しました。

「ど、どこですか……ここ……?」

 そこは岩場でした。さっきまでいた浮き島の石は明らかに人の手で切り取ったような滑らかな平面でしたが、ここは表面がでこぼこしていて、自然のままの石という感じです。
 地底とは違って頭上には空も見え、明らかに野外です。周りの様子からすると、相当高い山の上とか、そういう場所のようですが。
 恐らくドラゴンが私を咥えてここまで運んできたのでしょう。さっきの後頭部への衝撃はドラゴンが咥えていた私を離したため、背中から地面に落ちた結果だったようです。

(……たんこぶはできてないみたいですけど)

 ドラゴンの顔の位置からすると、結構な高さから打ち付けたはずです。
 なのに後に引く痛みもないというのは少し意外でした。
 なにげなく、頭を打ち付けたはずの後ろを振り返ってみると、なにやらそこだけ妙に細かいヒビが入っていました。
 まさか私の頭突きで岩が砕けたとでもいうのでしょうか。
 いや、そんなわけがありません。ありませんが。

(……あれ? なんで、いまいるところより下に雲、が……)

 私は周りの景色を見渡していて、その異常に気づきました。
 スケールが大きすぎて見逃してしまっていましたが、見えている山の斜面、私がいる位置よりも低いところに白い雲が見えます。
 一瞬霧じゃないかと思いましたが、明らかにあれは雲です。
 つまり、私はいま、相当高い山の上にいるはずです。
 この異世界の物理法則がどうあれ、基本的な法則が変わらないとすれば、標高が高ければ高いほど気温は下がるはずです。

(なのに、バスタオル一枚でも全然寒くない……? というか、おかしくないですか?)

 なぜ私の身体はなんともないのでしょう。
 ドラゴンに咥えられて運ばれたのは確かです。
 なら、私は高空をほとんど全裸で運ばれたことになります。
 ハングライダーのような形で、空中を飛んだ経験は私にはありませんが、高空が相当風が強く寒いのは想像出来ます。
 もし私が今回やったみたいに全裸であったなら、相当身体が冷えてしまうはず。
 なのに私の身体は指先がかじかみすらしていません。

(環境に適応している……いえ、そもそも環境の変化が感じられない……?)

 わからないことだらけです。
 魔王さんすら倒すドラゴンの謎のブレスが利かなかったことといい、もしかすると異世界に転移したことによって「影響を受けない」というチート能力を得たのかもしれません。
 そう考えるとこれまでのことに納得がいきます。
 とはいえ、それが本当かもわからない以上、それを前提に行動するわけにはいきませんでしたが。
 そんなことをつらつらと考えている間に、ドラゴンはいつの間にか姿を消していました。

「……え? ちょ、ちょっとドラゴンさん!?」

 こんないかにも人がいなさそうなところに連れてくるだけ連れてきていなくなるとか、最悪にもほどがあります。
 私が慌ててドラゴンの姿を探して周囲を見渡していると、幸いドラゴンはすぐに戻ってきました。
 ほっと一安心したのも、つかの間でした。
 なぜならドラゴンは恐ろしいものを咥えて来ていたからです。
 私は思わず唖然としてそれを見上げてしまいます。

「お、大きな鳥さんですね……ッ!?」

 いや、ただの鳥じゃありませんでした。
 前半分がワシ、後ろ半分はウマ。
 確か、こういう生き物はヒポグリフ、というのでしたか。
 ドラゴンの巨躯には及ばずとも、ゾウくらいの大きさはあります。
 地球では想像上の動物であるそれは、見るも無惨に首をへし折られた状態で、ドラゴンに咥えられていました。
 そして、それを私の目の前に放り出します。
 相当な重量があるのでしょう。地面が震えて、思わず私はその場に尻餅をついて転んでしまいました。
 ドラゴンはどこか得意そうな様子で、前足を使ってそれを私の方に押し出してくれます。
 このときばかりは、言葉が通じなくとも、その意図は明白でした。

「……食べろと?」

 お腹が減ると腹の虫が鳴る、というのは世界共通だったようです。
 恐らくヒポグリフはドラゴンが普段食事にしているものなのでしょう。
 それをわざわざ狩って、私の前に持ってきてくれたのですから、ドラゴンに私に対する敵意がないのは間違いありません。
 餌を分け与えるといえば、地球の動物でもよくあることです。
 少し意味合いは違うと思いますが、飼い猫が狩ったネズミを飼い主に見せに来るとかいう話を、猫を飼っている友達からよく聴きます。
 そう考えると、どうあれ、ドラゴンはそれなりに良い感情を私に対して持ってくれているということなのですが……。

(……これを、食べろと!?)

 目の前の転がる、仕留められたばかりのヒポグリフ。
 まだぴくぴくと動いている気配すらあります。
 当然、血抜きなどされているわけもなく、私の足下に血だまりが出来つつありました。
 そもそも獣臭くて、これ以上近付くことさえ出来そうにありません。
 生々しい傷跡は見ているだけで気分が悪くなりそうです。
 肉を生で食べるなど、日本育ちの私はしたことがありません。
 一度だけ焼き肉屋でユッケを食べたことはありましたが、正直日本の徹底管理された食肉ですら、生で食べるのは怖くて、怖い物見たさで食べたその時以降、一度も食べたことがありません。
 そんな私です。現代日本に住んでいればその方が普通だと思います。
 それなのに。

「……ぐるる?」

 ドラゴンは「なぜ食べないの?」という風に首を傾げています。
 挙げ句、食べても大丈夫であることを示すように、ヒポグリフの胸筋に噛みついて、力任せに食い千切って見せてくれました。
 くれやがりました。
 血が噴出し、血の雨となって周囲に降り注ぎます。
 それは当然私にも降りかかって来まして――

「……ふぅ」

 濃密な血の臭いが立ちこめる中、私は三度意識を手放しました。
 あと何回気絶すればいいのでしょうか。
 日本に帰りたい。
 私の中で、その気持ちだけが強くなるのでした。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。