FC2ブログ

黎明媚態

露出系、羞恥系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

露出旅行記 露天風呂編 3


 ざぶりざぶりとお湯をかき分け、エミリさんに近付く。
 エミリさんは立ち上がって、浴槽の縁でもある石に腰掛け、自分が座った場所のすぐ隣を優しい笑顔で指し示す。
 そこに座れということだろう。そこに座ると遮るものは何もなく、裸の背中を温泉街の方に晒すことになってしまう。
 暖かな湯の中にいるはずなのに、指先が震えた。
 意を決してエミリさんの示す場所に座ろうとして。
「あ、ちょっと待って」
 エミリさんがやんわりと私の肩を押して制止した。
「しゃがんで」
 言われるまま、私は脚を折ってしゃがみ、肩までお湯に浸かった。
 どういうつもりかわからず、疑問符を浮かべる私に対し、エミリさんは笑顔だった。
「うん、いいわ。それじゃあこっちに座って」
 改めてエミリさんに促され、私は露天風呂の縁を形作る石のひとつに腰掛ける。
 どうしてエミリさんが一度私を湯に浸けたのかは、すぐに理解した。
 濡れた身体は普通よりも敏感に風を感じるようになってしまっていた。裸でそこにいるということが余計に強く意識され、湯に火照っているだけじゃない赤色が頬に混じる。
 温泉街から見られているかどうか、背を向けている私にはわからないけど、妙に背中がむず痒い感じがした。私だけじゃなくてエミリさんもいるのだし、気付かれる可能性はより高まっていると考えるのが普通だ。
 エミリさんは楽しそうに温泉を脚でかき混ぜている。大きく伸びをして、身体を晒すことに抵抗がないかのようだ。
「ルミナちゃんも、そんなに縮こまってないで。ほら、背筋を伸ばして?」
 自分で思っていたより、萎縮した気持ちは態度に出ていたらしく、エミリさんの手が私の背中をそっと撫でる。滑らかなエミリさんの手が、私の背筋を撫でて降ろされた。
 その感触から、自分で思うより背筋が曲がっていることに気付かされた。
「……っ、は、はいっ」
 せっかくここまでやったのだから、と思い、私は精一杯背筋を伸ばす。そうすると自然と胸を張るような姿勢になってしまい、より強くさらけ出しているという実感が得られた。
 大自然の中で解き放たれたような、そんな開放感。
 これを味わうために露出プレイをしていると言っても過言ではない、心地良さ。
「は、ぁ……」
 思わず口から吐息が漏れた。自分でも感じている事が明らかな熱を帯びた吐息。
 そんな吐息が零れた口を、エミリさんが急にその唇で塞いで来た。
「んっ、うッ!?」
 驚く私に対し、エミリさんは妖艶な笑みを浮かべていた。
「んふ……っ、ルミナちゃんがあんまり可愛いから、つい」
 ごめんね、と謝りつつもエミリさんは止まらない。
 エミリさんは身体を絡めてきながら私の唇に自分の唇を重ね、さらに舌まで入れてきた。
 恐ろしく早い動きに抵抗を考える暇すらない。
 身体に回されたエミリさんの手が私の乳房を柔らかく揉んで、もう片方の手は私の股間に触れてきている。
「ふあっ、あっ、んんんっ」
 乳房、秘所、そして口内。
 三点を同時に責めてくるエミリさんに、私は反撃するなんてことも考えられなかった。
 ただ、与えられる刺激に悶え、せめてものお返しに侵入してくる舌に自分の舌を絡める。
 少しはエミリさんを感じさせることが出来たけど、三点同時に責められている私が敵うわけもなく、エミリさんの手と口によって絶頂させられてしまった。
「ん、んっ、あ、ああああああ~っ!」
 肩が跳ね、溢れる感情を抑え込むために、エミリさんの身体にしがみつく。びくんびくんと動いてしまうはしたない身体を、エミリさんはしっかり受けとめてくれた。
 やがて絶頂の波が過ぎ、脱力した私はエミリさんに身体を預けつつ、呼吸を整える。
「はぁ……はぁ……はぁ……」
 誰が来るともわからない、それどころか温泉街から丸見えなところで、それだけ感じてしまったことが恥ずかしい。
(誰か来てたら大変なことになってた……良かった、誰も来ない、で……ッ!?)
 そう思った私は、気付いてしまった。
 絶頂したばかりでぼんやりとする視界。

 その端に、私たちのことを窺っている人物がいることに。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは露出・羞恥系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ